@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドイツ・イデオロギー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ドイツ・イデオロギー
Die deutsche Ideologie
カルル・ハインリヒ・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスの共同研究になる,マルクス主義の世界観を包括的に述べた著作。1845~46年に書かれたが,完全な形で出版されたのは 1932年ウラジーミル・V.アドラツキーによってである。ルートウィヒ・A.フォイエルバハ唯物論,マックス・シュティルナーの個人主義的無政府主義(→アナーキズム),カルル・グリューンらのドイツ社会主義などを批判しながら,史的唯物論を展開する。フォイエルバハ批判では史的唯物論を理論的に述べている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どいついでおろぎー【ドイツ・イデオロギー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ドイツ・イデオロギー
どいついでおろぎー
Die deutsche Ideologieドイツ語
1845年秋から翌年にかけてマルクスとエンゲルスが共同で執筆した著作。当時のドイツの代表的思想家を批判し、あわせて著者自らの「哲学的良心を清算する」ことをねらったものである。第一巻ではヘーゲル左派の論客であるフォイエルバハ、B・バウアー、シュティルナーが、第二巻では真正社会主義者が取り上げられ、彼らが見かけ上の急進性にもかかわらず、現実を転倒して把握する観念論的見方を脱却しえていないイデオローグであると批判されている。とりわけ重要なのは、思想をその現実的土台にまで引き戻してとらえ直すイデオロギー論を確立した第一巻第一編「フォイエルバハ」である。ここで初めて史的唯物論の根本思想と方法が、またそれに基づいて、共産主義社会へと至るべき人類の発展史が体系的に叙述され、労働分業が疎外の原因として告発された。本編は未完であり、また編集上未決着の問題を抱えているが、マルクス主義を理解するうえで不可欠である。[藤澤賢一郎]
『『ドイツ・イデオロギー』(アドラッキー編、古在由重訳・岩波文庫/廣松渉編・訳・1974・河出書房新社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドイツ・イデオロギー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドイツ・イデオロギーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation