@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドイツ社会主義労働者党【どいつしゃかいしゅぎろうどうしゃとう】

世界大百科事典 第2版

どいつしゃかいしゅぎろうどうしゃとう【ドイツ社会主義労働者党】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ドイツ社会主義労働者党
どいつしゃかいしゅぎろうどうしゃとう
Sozialistische Arbeiterpartei Deutschlands
略称SAPD。ドイツ社会民主党の前身。1875年、全ドイツ労働者協会(ラッサール派)と社会民主労働者党(アイゼナハ派)がゴータ大会でゴータ綱領を採択し結成した。翌年、中央機関紙『フォーアウェルツ』を創刊、77年の総選挙で従来の九議席から12議席を獲得する成果を収めた。このころまではラッサール派の影響が強かったが、エンゲルスの『反デューリング論』によってしだいにマルクス主義的な性格を強めた。78年の社会主義者鎮圧法の公布以来、党は苦難の道を歩んだが、79年には新たな中央機関紙『ゾチアールデモクラート』を創刊するなど精力的な活動を展開、90年の総選挙では35議席、142万票を獲得した。社会主義者鎮圧法失効後の90年10月、党はハレ大会で党名をドイツ社会民主党と改称した。[松 俊夫]
『メーリング著、足利末男他訳『ドイツ社会民主主義史 下』(1969・ミネルヴァ書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ドイツ社会主義労働者党
ドイツしゃかいしゅぎろうどうしゃとう
Sozialistische Arbeiterpartei Deutschlands
ドイツ社会民主党の前身
1863年,ラサール派全ドイツ労働者同盟を,69年ベーベルや W.リープクネヒトらはドイツ社会民主労働者党を組織し,両者は初め激しく対立したが,ドイツ帝国の成立後,統一機運が高まり,75年ゴータに会して合同し,ドイツ社会主義労働者党と称した。合同の結果,党勢はめざましく発展し,これを恐れたビスマルクは,1878年社会主義者鎮圧法を制定して弾圧したが,90年には廃棄され,同党名称をドイツ社会民主党と改めた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドイツ社会主義労働者党」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドイツ社会主義労働者党の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation