@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドゥラーニー朝【ドゥラーニーちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ドゥラーニー朝
ドゥラーニーちょう
Durrānids; Durrāni(Abdālī)
アフガニスタンの王朝 (1747~1818) 。 1747年,アフシャール朝ナーディル・シャーの死後,同朝が崩壊するとアブダリー族のアフマッド・ハーン (→アフマッド・シャー・ドゥラーニー ) がアフガニスタンの支配者となった。同時にアブダリーという族名はドゥラーニーと改められたので,ドゥラーニーという王朝名が生れた。首都は 73年までカンダハールであったが,その後カブールに移された。この王朝は北西インドまで版図を広げたが,シク族の勢力の増大とともにインドにおける支配力は次第に弱まった。一方ドゥラーニー朝の宰相を出していたバーラクザーイー族との争いがあり,1818年にこの王朝は分裂し,バーラクザーイー朝が出現した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドゥラーニー朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドゥラーニー朝の関連情報

関連キーワード

アフマド・シャー・ドゥッラーニーヘンミ竹田出雲(初代)桃園天皇桂川甫筑ベロット桃園天皇レオポルト1世水商売中止命令と勧告

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation