@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドゥンス・スコツス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ドゥンス・スコツス
Duns Scotus, Johannes
[生]1265頃.ベリクシャー,ドゥンス
[没]1308.11.8. ケルン
Doctor Subtilis (精妙なる博士) と称されるイギリス中世最大の神学者,哲学者。ボナベントゥラとともにフランシスコ会の指導的地位を占めた。 1280年頃同会に入り,91~96年パリに学び,帰国してオックスフォード大学の神学教授となり,のちパリ大学でも教えた。彼の哲学トミズムとアウグスチヌス哲学との一種の総合であり,現実主義的な立場から,正統的スコラ哲学中核である信仰理性との調和説を批判するものとなった。カトリック詩人 G.ホプキンズに大きな影響を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドゥンス・スコツス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドゥンス・スコツスの関連情報

関連キーワード

シモン=ド=モンフォール旭烈兀土御門院小宰相シモンドモンフォール旭烈兀シャルル1世モンフォールウルバヌス4世クレメンス4世ピサーノ(Nicola Pisano)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation