@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドゥーマ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ドゥーマ
Duma
1906~17年の立憲制期における帝政ロシアの立法府下院 (国会) 。正式には Gosudarstvennaya Duma (国政審議会) という。 05年革命のさなかの 10月 30日 (旧暦 17日) ニコライ2世の「十月宣言」によってその開設を約束され,翌 06年5月 10日 (旧暦4月 27日) 招集された。常に左右両翼に分裂し,専制の擁護者はその存在そのものに憤慨していたのに対して,民主主義者はその不十分な権限と間接不平等選挙権に反対していた。しかし多くの欠陥にもかかわらず,それは恣的な統治に対する制約として機能し,ロシア社会の少くとも一部に憲政観念と実践を習熟させることを助けた。第1から第4ドゥーマまで存続し,17年 11月 (旧暦 10月) の革命とともに消滅した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ドゥーマ【duma】
帝政末期のロシアを専制からブルジョア的君主制にかえることをめざして創設された国会。1890年に第1帝国議会が開かれた日本より16年遅れて,1906年に第1国会(4月27日~7月8日)が1905年革命の産物として召集され,つづいて第2国会(1907年2月20日~6月2日),第3国会(1907年11月1日~12年6月9日),第4国会(1912年11月15日~17年10月6日)と合計して12年の間に4回召集されたが,国会と政府の衝突により会期を完全に消化したのは第3国会だけであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ドゥーマ
どぅーま
дума duma
正確にはГосударственная дума/Gosudarstvennaya duma。1906~17年のロシア帝国の議会。1905年革命のさなか、「十月宣言」によって開設が約束された。帝制政府はこれによってブルジョアジーとの同盟を達成し、ブルジョア君主制へ移行しようとした。国会の立法権は制限されたもので、法律案は皇帝の承認なしには成立せず、またその招集・解散権も皇帝に留保されていた。議員の選挙は、土地所有者(地主)、都市(ブルジョアジー)、農民、労働者の四つに分けて行われる間接選挙制であり、婦人、学生、軍務従事者は選挙権をもたなかった。以下、第一国会から第四国会まで簡単に概観する。
(1)第一国会(1906.4.27~7.8) 地主の1票は都市ブルジョアジーの3票、農民の15票、労働者の45票に相当したといわれる不平等な選挙であったにもかかわらず、政府に近いオクチャブリスト(十月党)はわずか16人、ほかはカデット(立憲民主党)179、民族自治派63、無党派105、農民の要求を代表していたトルードビキ97、社会民主党18という構成であった。土地問題がおもな議題であったが、とうてい政府の意に添わず、軍隊によって解散させられた。
(2)第二国会(1907.2.20~6.2) 第一国会選挙をボイコットしたボリシェビキも加わって、その構成はいっそう反政府的となり、ストルイピン農業改革実施のための1906年11月9日勅令の追認にも応じなかったため、解散と新選挙法公布が行われた。
(3)第三国会(1907.11.1~1912.6.9)新選挙法によってオクチャブリストは第一党となり、法定の会期を全うした。
(4)第四国会(1912.11.15~1917.10.6)進歩派がわずかに増大。第一次世界大戦が長期化すると、政府と国会との対立が目だつようになり、1917年2月27日、国会は国会臨時委員会を選出し、臨時政府を形成して、崩壊した帝制政府にかわって政権を引き継いだ。[木村英亮]
『中村義知著『ロシア帝国議会史』(1966・風間書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ドゥーマ
〘名〙 (Duma 正しくは Gosudarstvjennaja duma 国家のドゥーマの意) 帝政ロシアの議会。下院にあたり、間接選挙で選ばれた議員によって構成され、限定された立法権を認められていた。一九〇五年の第一次ロシア革命に際してツァーリが開設を約し、一九〇六年に成立、四回召集された。一九〇六、七年に開かれた第一、二回は自由主義的・反政府的傾向がみられたが、一九〇七年のストルイピンの選挙法改正で選挙権が縮小し、同年の第三回、一九一二年の第四回は保守的傾向が強まり、一九一七年の二月革命の際に解体した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ドゥーマ
Duma
帝政ロシア末期の国会の下院にあたる議会
1905年の第1次ロシア革命後,十月宣言で約束され,ニコライ2世によって1906年開設された。1917年のロシア革命まで4回開かれ,初めの2回は自由主義的傾向を示したが,首相ストルイピンによる選挙法改正によって保守性が強化された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドゥーマ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドゥーマの関連情報

関連キーワード

児童雑誌ファリエールサンジカリズム鉄筋コンクリート構造夏目漱石日本郵便制度史(年表)御免内閣総理大臣バン・デ・ベルデ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation