@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドウダンツツジ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ドウダンツツジ
Enkianthus perulatus
ツツジ科の落葉低木。本州南部の太平洋岸地方および四国に自生するが,観賞用として庭園などに広く栽培されている。樹高1~3mで多数の枝を出し,樹皮はなめらかである。葉は枝先に輪生状に互生し,長さ3~4cmの倒卵形で先端がとがり,微細な鋸歯がある。花は4月頃に葉が出るのと同時に咲き,白色の壺形小花が枝先に数個散状に下垂してつく。おしべ 10本とめしべ1本がある。材は堅く,太いものは床柱にされる。ドウダンは灯台 (昔の室内照明具) の意味で,分枝の状態が結び灯台の脚に似ているのでこの名がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ドウダンツツジ【Enkianthus perulatus (Miq.) Schneid.】
山地のおもに蛇紋岩の上に生えるツツジ科の落葉低木(イラスト)。輪状に分枝する多くの小枝をだして横に広がり,高さ1~3m。葉は倒披針形で先がとがり,長さ2~4cm,幅1~1.5cm。4月,枝先に細長い柄をもつ白色でつぼ形の花が2~4個,下向きに開く。花冠は長さ約8mm,先は浅く5裂する。おしべ10本。の先に2本の角状突起があり,先端で開孔する。蒴果(さくか)は上向きにつき,狭長楕円形で長さ約8mm,5裂する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ドウダンツツジ
どうだんつつじ / 灯台躑躅
[学] Enkianthus perulatus (Miq.) Schneid.

ツツジ科の落葉低木。高さ2~3メートル。枝は細く、車輪状に分枝する。葉は枝先に輪生状に集まり、倒卵形で長さ3~4センチメートル、両端はとがり、縁(へり)に細かい鋸歯(きょし)があり、裏面の主脈下部に褐色の毛がある。秋には美しく紅葉する。4月、新葉とともに小さな白色花を2~4個、散状に下向きに開く。花冠は壺(つぼ)形で長さ7~8ミリメートル、縁(へり)は5裂する。雄しべは10本。蒴果(さくか)は狭長楕円(だえん)形で長さ約7ミリメートル、上を向いてつく。山地に生え、静岡県以西の本州から九州に分布する。名は、放射状に出る枝の状態が、昔夜間の明かりに用いた結び灯台の脚に似ることから、灯台ツツジといわれ、それから転訛(てんか)した。庭木、生け垣として広く植えられる。刈り込みに強く、挿木が容易である。ドウダンツツジ属はほかにサラサドウダンなど東アジアに約10種ある。

[小林義雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドウダンツツジ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドウダンツツジの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation