@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドクサバフグ【どくさばふぐ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ドクサバフグ
どくさばふぐ / 毒鯖河豚
[学] Lagocephalus lunaris

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。東シナ海、南シナ海、インド洋、南アフリカ共和国に分布する。体の背腹両面に小棘(しょうきょく)があり、背面の小棘は背びれの起部に達する。尾びれはやや深く湾入する。体の背側は暗褐色で腹側は銀白色。体長は35センチメートルに達する。皮膚、肝臓、卵巣、腸のほか、肉にも強毒がある。無毒のシロサバフグに一見似ているため、間違って食べ、中毒事件の原因となることがある。最近、日本の沿岸からも採集されており、シロサバフグと混同しないよう注意を要する。

[松浦啓一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドクサバフグ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドクサバフグの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation