@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドットマップ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ドットマップ
dot map
点 (ドット) を地図上にちらばらせて統計量分布を表わした統計地図点描図ともいう。ドットは単位統計を示し,統計区ごとにそこの統計量を示すのドットを描画する。統計区ごとにそのなかにほぼ等間隔にドットを描く方法と,人口図などで集落位置に集中的にドットを描き,統計区内でも粗密さを変化させる方法とがある。後者を特に絶対分布図という。統計量の量の範囲に応じて,単位統計量と作図するドットの大きさを決めるための計算図表ができている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ドット‐マップ(dot map)
ある地域の人口産物などの数量を、点の大小や粗密によって表した地図。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ドット‐マップ
〘名〙 (dot map) 点や円の粗密・大小で単位地域での数量を表わすことによって、人口や産物などの分布を示す地図。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドットマップ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドットマップの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation