@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドップラー航法【どっぷらーこうほう】

世界大百科事典 第2版

どっぷらーこうほう【ドップラー航法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ドップラー航法
どっぷらーこうほう
Doppler radar navigation
ドップラーレーダーを利用する航空機の航法。地上の航行援助施設を利用しないで航行できる、いわゆる自蔵航法システムの一つで、長距離の洋上飛行に適している。1945年ごろから研究が始められ、一時は広く用いられたが、その後、さらに精度の高いINS(慣性航法装置)とか、地上の施設を利用するオメガ航法が実用されるようになった結果、現在はまったく使用されていない。[落合一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドップラー航法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドップラー航法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation