@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドブニウム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ドブニウム
dubnium
人工元素の一つ。元素記号 Db原子番号 105。1970年アメリカ合衆国のバークリー研究所のアルバート・ギオルソらは,カリホルニウム249に窒素15を衝突させて質量数 260の 105番元素(半減期 1.6秒)が得られることを報告した。また同じ 1970年,ソビエト連邦合同核研究所グレゴリー・N.フレーロフらもアメリシウム263にネオン22を衝突させて質量数 261の 105番元素を得たと報告した。国際純正・応用化学連合 IUPACと国際純粋・応用物理学連合 IUPAPは 1997年,合同核研究所の所在地ドゥブナにちなんで元素名をドブニウム,元素記号を Dbとすることを決めた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ドブニウム(dubnium)
人工放射性元素の一。1970年、米国カリフォルニア大学バークレー研究所のA=ギオルソらが、カリホルニウム249に窒素15を衝突させてその生成を報告した。同年旧ソ連ドゥブナ研究所のグループもアメリシウム243にネオン22を衝突させて生成し、翌年改良を加えた実験を行った。旧ソ連の研究所の所在地であるドゥブナにちなむ。元素記号Db 原子番号105。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ドブニウム
どぶにうむ
dubnium
周期表第5族に属する人工元素の一つ。原子番号105の元素。1970年アメリカのカリフォルニア大学バークリー研究所のギオーソAlbert Ghiorso(1915―2010)らは、カリホルニウム249(249Cf)に85MeV(メガ電子ボルト)の窒素15(15N)を衝突させて半減期1.6秒の260105(質量数260の105番元素)が得られたこと、さらにこれは9100keV(キロ電子ボルト)のα(アルファ)粒子を放出して崩壊することを報告した。また同じ1970年ソ連のドゥブナ研究所のフレーロフGeorgy Nikolaevich Flerov(1913―1990)らはアメリシウム263(263Am)に123MeVのネオン22(22Ne)を衝突させて261105を得たとし、さらに1971年同じ方法を改良して実験を行い、その生成を報告した。国際純正・応用化学連合(IUPAC:International Union of Pure and Applied Chemistry)と国際純粋・応用物理連合(IUPAP:International Union of Pure and Applied Physics)の作業グループは、バークリー研究所の1970年報告とドゥブナ研究所の1971年報告を正式に105番元素の発見と認めた。
 1994年IUPACとIUPAPは、105番元素の元素名をフランスの原子物理学者ジョリオ・キュリーJean Frdric Joliot-Curie(1900―1958)にちなんで暫定的にジョリオチウムjoliotium、元素記号をJlとしたが、1997年これを改め、ドゥブナ研究所の所在地ドゥブナDubnaにちなんで元素名ドブニウム、元素記号Dbとした。[中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ドブニウム
ドブニウム
dubnium

Db.原子番号105の元素.電子配置[Rn]5f 146d37s2(推定)の周期表5族元素.周期表でタンタルの下に位置する(エカタンタル).1967年,旧ソビエトのドゥブナ原子核合同研究所で,310 cmサイクロトロンを用いて 22Ne を加速して 243Am を衝撃して質量数260,261の105番元素の原子をつくったと発表し,元素名としてニールスボーリウム Nsを提案した.1970年5月,カリフォルニア大学のA. Ghiorsoらは,HILAC(Heavy Ion Linear Accelerator)で 15N を84 MeV に加速して 249Cf を衝撃,半減期1.6 s の質量数261の105番元素原子を合成した.Ghiorsoらはドゥブナの方法も試みたが,105番元素合成に成功しなかった.GhiorsoらはO. Hahn(ハーン)にちなんでハーニウム Haと命名することを提案したが,IUPACは,両グループの業績を認めて105番元素については,地名ドゥブナによるドブニウムDbを勧告し,1997年に確定した.質量数255~269の同位体核種が知られており,267~269の核種は半減期がh単位,とくに268は32hとされる.室温で固体の銀白色または灰色の金属と考えられている.[CAS 53850-35-4]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドブニウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドブニウムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation