@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドミトリー マミン・シビリャーク

20世紀西洋人名事典

ドミトリー マミン・シビリャーク
Dmitrii Narkisovich Mamin-Sibiryak


1852 - 1912
ソ連(ロシア)の作家。
ウラル生まれ。
シビリャークはシベリア人の意で筆名。神学校卒業後、ペテルブルグ大学で学んだが中退。1877〜1891年ウラルのエカチェリンブルグに住み、ウラル地方独特の民衆習俗をつぶさに観察し、鉱山に群がる山師的企業家の放蕩浪費とは対象的な民衆の素朴な生活と道徳的高潔さを活写し「プリワーロフ家の巨富」(1883年)、「山の巣窟」(1884年)、「ゴルデーエフ兄弟」(1891年)などの傑作を生んだ。1891年からは首都圏に移住し作家活動に従事。童話作家としても有名で児童文学の古典とされている「猟師エメーリャ」(1884年)、「アレーヌシカのお話」(1894〜1896年)を書いた。他の作品に「奔流」(1886年)、「三つの終わり」(1890年)、「黄金」(1892年)等がある。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドミトリー マミン・シビリャーク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドミトリー マミン・シビリャークの関連情報

関連キーワード

牧野省三ディッセ明治天皇ノット(速さの単位)ブンゼン白瀬矗光の科学史[各個指定]工芸技術部門明治大学明治天皇

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation