@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドミナートゥス

旺文社世界史事典 三訂版

ドミナートゥス
dominatus
3世紀末,古代ローマ帝国のディオクレティアヌス帝以後の政治制度。「専制君主政」と訳される
オクタヴィアヌス帝以来,皇帝の専制は確立していたが,なお共和政の制度は形式的に残っていた(プリンキパトゥス)。ディオクレティアヌスは,内乱武力によって鎮圧すると,官僚制度を支柱として宮廷儀礼や衣服称号などによりその神的な権威を確立,政治・経済・宗教などを統制,コンスタンティヌス帝がこれを完成した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドミナートゥス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドミナートゥスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation