@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドライサー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ドライサー
Dreiser, Theodore
[生]1871.8.27. インディアナ,テレホート
[没]1945.12.28. ハリウッド
アメリカの小説家。ドイツ系移民の子に生れ,さまざまな職を経て新聞記者となる。 1900年バルザックや T.H.ハクスリーらの影響を受けた自然主義的色彩の濃い処女作『シスター・キャリー』 Sister Carrieを発表。第2作『ジェニー・ゲアハート』 Jennie Gerhardt (1911) で成功し,実在の実業家をモデルとした『資本家』 The Financier (12) ,『巨人』 The Titan (14) ,『克己の人』 The Stoic (47,未完) から成る3部作や,『天才』 The `Genius' (15) ,実際の殺人事件に取材し青年野望挫折を描いた大作アメリカの悲劇』 An American Tragedy (25) などによって,アメリカ自然主義文学の代表者となる。社会主義的運動にも参加したが,死後出版の『』 The Bulwark (46) には宗教的傾向もみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ドライサー(Theodore Dreiser)
[1871~1945]米国の小説家自然主義的手法で米国資本主義社会の諸相を批判的に描いた。作「シスター‐キャリー」「アメリカの悲劇」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ドライサー【Theodore Herman Albert Dreiser】
1871‐1945
アメリカの小説家。インディアナ州テレ・ホートのドイツ系移民の織物工の子として生まれる。狂信的カトリック教徒の父親が支配する極貧家庭に育ち,早くから宗教,道徳と現実との矛盾を感じ,弱者への同情への憧れを抱く。高校中退後,シカゴで皿洗いなど職を転々としているうち,高校の恩師の世話でインディアナ大学に入るが,1年で退学,新聞記者となり,シカゴ,セント・ルイス,ピッツバーグと渡り歩く。1894年ニューヨークに出て,作詩者として有名になっていた兄ドレッサーPaul Dresser(筆名)の助力で雑誌編集者となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ドライサー【Theodore Dreiser】
1871~1945 アメリカの小説家。複雑な産業社会に翻弄されるアメリカ人の姿を自然主義風に描いた。代表作「アメリカの悲劇」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ドライサー
どらいさー
Theodore Dreiser
(1871―1945)
アメリカ自然主義の代表的小説家。社会環境に刺激され成功の夢に翻弄(ほんろう)される人間の姿を、自己体験や事実調査に基づいて赤裸々に描き、アメリカの皮相な物質文明と偏狭な道徳観念を批判した。1871年8月27日、インディアナ州テレ・ホートにドイツ系移民の第12子として生まれる。貧困のため州内を転々としながら、父の厳格なカトリック的教育に反発する兄や姉たちの奔放な生き方と、口うるさい田舎(いなか)町の因習をみながら幼少時代を過ごす。16歳たらずで単身シカゴに出て働き、1年間はインディアナ大学に学んだが、20歳のとき新聞記者になる。94年3月、22歳で東部へ向かい、途中ピッツバーグで7か月の記者生活を送る間、鉄鋼企業の経営者と労働者の貧富の格差をまざまざと目にして社会への疑問を大きくする一方、図書館でバルザックの社会小説『ゴリオ爺(じい)さん』やスペンサーの進化論哲学『第一原理』を読んで、人生に目を開いた。
 ニューヨークでは音楽雑誌の編集やフリーの雑誌記者を経験し、1899年夏、友人の勧めで『黒人ジェフ』など4、5編の短編小説を書き、続いて長編『シスター・キャリー』(1900)を7か月かけて完成した。これは写実主義に徹した作品。生来の美貌(びぼう)を利用し男を踏み台に女優として成功する主人公キャリーの生き方が「不道徳」だと出版が難航し、売れ行きも悪く一般に不評で、経済的、精神的に大きな打撃を受けた。2年前に結婚した妻サリーとの不仲もあってその後3年間は神経症に悩み、その後数年は大衆雑誌や服飾女性雑誌の編集に従事した。1910年、女性問題で職を退いてからふたたび小説に向かい、真実の愛を貫いて日陰者として生きる純朴な女性の物語『ジェニー・ゲアハート』(1911)、19世紀後半に実在した人物をモデルに資本主義社会のたくましい経営者像を描く「欲望三部作」の第一部『資本家』(1912)と第二部『巨人』(1914)を発表した。次作『天才』(1915)は自伝的長編で、周囲の因習に才能の発現を妨げられる画家の生き方を描いたが、悪徳防止協会から猥褻(わいせつ)と攻撃されて発禁処分を受け、批評家メンケンらが弁護した。
 その後、短編集『自由』(1918)、評論集『ヘイ・ラバ・ダブダブ』(1920)などを経て、成功のために「殺人」を犯す貧しい青年を描いた大作『アメリカの悲劇』(1925)を完成、当時の文壇で「現代最高のアメリカ小説」とまで絶賛された。1927年から1928年にかけてのソ連訪問と1929年の経済恐慌をきっかけに社会運動に傾き、社会評論『悲劇的なアメリカ』(1931)では資本主義を批判して社会主義的な人民政府を提唱、炭鉱ストの実態調査やスペイン人民政府支援にも力を尽くした。だが、ドライサーが夢みるのは精神的な価値を基礎として人々の自由と幸福を目ざす理想的社会で、死後出版の『とりで』(1946)でも、個人の精神の美(内なる光)に基づく人間相互の愛と善意の尊重を訴えている。1945年7月共産党に入党し、同年12月28日没。「欲望三部作」の第三部『禁欲の人』(1947)、哲学的随想集『人生論ノート』(1974)も死後の出版。[大浦暁生]
『高村勝治編『ドライサー』(『20世紀英米文学案内11』1990・研究社出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ドライサー
(Herman Theodore Dreiser ハーマン=シオドア━) アメリカの小説家。産業社会の人々の姿を赤裸々に描いて、アメリカの自然主義リアリズムの頂点を築いた。代表作「アメリカの悲劇」。(一八七一‐一九四五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドライサー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドライサーの関連情報

関連キーワード

廃藩置県普仏戦争マーシャルインターナショナル新教育高田藩北海道開拓郵便切手おもなお雇い外国人日本科学史(年表)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation