@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドラウパディー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ドラウパディー
Draupadī
インドの大叙事詩『マハーバーラタ』の女主人公。パンチャーラ国の王ドゥルパダの娘。自選婚の競技で金的を射たアルジュナを夫として選んだが,彼の母クンティー夫人の言葉に従って,彼ら5人兄弟の共有の妻となった。長兄ユディシュティラ賭博で自分自身をまで賭けて負け,さらに妻のドラウパディーを賭けるようにしむけられた。それによって相手方からいろいろと侮辱を受けたが,よく耐えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドラウパディー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドラウパディーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation