@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドリブル

デジタル大辞泉

ドリブル(dribble)
[名](スル)
サッカーやラグビーなどで、ボールを蹴りながら前進すること。
バスケットボールやハンドボールで、手でボールをつきながら進むこと。
ホッケーなどで、スティックで球を小刻みにころがしながら前進すること。
ダブルコンタクト

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どりぶる【ドリブル】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ドリブル【dribble】
スル
ラグビーやサッカーで、ボールを小さく蹴りながら進むこと。
ハンドボールやバスケットボールで、手でボールをつきながら進むこと。
ホッケーやアイスホッケーで、スティックで球やパックをあしらいながら進むこと。
水球で、ボールを頭の前に置き、顔をあげて泳ぎながらボールを前進させること。
バレーボールで、一人の選手がボールに続けて二度以上触れる反則。
卓球・バドミントンで、ボールまたはシャトルコックを続けて二度打つこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ドリブル
〘名〙 (dribble)
① バスケットボール・ハンドボール・水球・サッカー・ラグビー・ホッケー・アイスホッケーで、手でついたり小刻みに蹴ったり小刻みにころがしたりして球やパックを進めること。〔モダン用語辞典(1930)〕
② スポーツで、反則の一つ。
(イ) バレーボールで、同じプレーヤーが続けてボールに二度以上触れること。
(ロ) バドミントンで、同じプレーヤーがシャトルコックを続けて二回打つこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドリブル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドリブルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation