@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドルコスト平均法【どるこすとへいきんほう】

投資信託の用語集

ドルコスト平均法

投資信託や株式の価格変動リスクを軽減するため、一度にまとめて購入するのではなく、例えば毎月一定額というように、定期的に定額を買付ける投資の方法のこと。一定額で買付けるので、価格が安い時には多く、価格が高い時には少なく買付けることになり、結果として平均買付け価格を下げる効果が得られる。

出典:(社)投資信託協会

ドルコスト平均法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドルコスト平均法の関連情報

他サービスで検索

「ドルコスト平均法」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation