@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドルトムント・エムス運河【どるとむんとえむすうんが】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ドルトムント・エムス運河
どるとむんとえむすうんが
Dortmund-Ems Kanal
ドイツの艀(はしけ)用内陸運河。ルール地方東部のドルトムントよりミュンスターを経て、エムス川河口のエムデンに至る。延長約271キロメートル(エムス川を運河化した区間を含む)。高低差約70メートル。途中多くの閘門(こうもん)があり、積載量約1000トンまでの艀が通航できる。ルール工業地域をエムデン港の後背地にする目的で計画されたもので、1892年着工、1899年に完成した。ライン・ヘルネ運河、ベーゼル・ダッテルン運河を通じてライン川と結ばれ、ミッテルラント運河を介してウェーザー川、エルベ川とも結ばれている。[青木栄一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドルトムント・エムス運河」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドルトムント・エムス運河の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation