@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドル−ショック

旺文社世界史事典 三訂版

ドル−ショック
1960年代から進行した,国際通貨としてのドル価値の低落現象
第二次世界大戦で巨大な生産力と圧倒的な金保有国となったアメリカのドルは,IMF体制の下で金に代わる卓越した地位にあった。しかし,各国が経済成長をとげるいっぽうで,アメリカの国際収支は,ヴェトナム戦争をはじめ巨額の軍事援助支出などで1950年代末から慢性的な赤字となり,各国はドル過剰となった。1971年8月ニクソン大統領は金・ドルの交換を停止し,つづいて金に対するドルの切下げを71年12月,73年2月と連続して行い,ここに国際金為替本位制は崩壊した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドル−ショック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドル−ショックの関連情報

関連キーワード

新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題メタボリズム安保闘争教育改革黒人文学コーマン鈴木清順

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation