@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドレスデン国立絵画館【ドレスデンこくりつかいがかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ドレスデン国立絵画館
ドレスデンこくりつかいがかん
Staatliche Kunstsammlungen, Dresden
ドイツのドレスデン国立美術コレクションに属する美術館の一つ。 1722年に総目録が作られたザクセン選帝侯家のコレクションを展示する宮殿内の画廊として発足。 1831年国立美術館として公開された。 47年には同宮殿内に G.ゼンペル設計によるゼンペル・ギャラリーが増築された。ザクセン侯家は代々ドイツ・ルネサンスの画家たちのパトロンでもあったので,それらの作品のほか,プラハ城から一括購入したイタリア・ルネサンスの名画やその後の収集になるフランス,フランドル,スペイン,オランダの絵画を加え,ヨーロッパ屈指の絵画館となった。その後も 20世紀に入るまで絵画の収集が行われ,近代絵画の蔵品も多い。ラファエロの『サン・シストの聖母子』,レンブラントの『画家とサスキア』,クラナハの『ザクセン侯ハインリヒとその妻カタリーナ』などのほか,ティントレット,P.ベロネーゼ,F.リッピデューラーらの名作が数多く所蔵されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ドレスデンこくりつかいがかん【ドレスデン国立絵画館 Gemäldegalerie Alte Meister Dresden】
ドレスデンにある東ドイツ有数の美術館。その起源は16世紀半ばのザクセン選帝侯の美術品陳列室にさかのぼるが,18世紀前・中期にフリードヒ・アウグスト1世,ついで同2世が権威発現のため美術品の購入を進め,急速に拡大した。ジョルジョーネ《眠るビーナス》,ティツィアーノ》,コレッジョ《聖夜》,ロイスダール《ユダヤ人墓地》,フェルメール《手紙を読む娘》などおもに16~17世紀イタリア,17世紀ネーデルラントに重点を置く主要コレクションの大半がこの時形成され,美術都市ドレスデンの名を高めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ドレスデン国立絵画館」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドレスデン国立絵画館の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation