@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドレーク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ドレーク
Drake, Edwin Laurentine
[生]1819.3.29. グリーンビル
[没]1880.11.8. ベスレヘム
アメリカの石油掘削者。 1858年石油会社に入社,削の仕事に頭し,翌年ペンシルバニア州タイタスビル近郊において綱掘式削井法による石油井戸掘削に成功以後の石油工業発展の基礎をつくった。その後,石油の仲買人として流通業に手を広げたが,うまくいかず,事業家としては失意のうちに没した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドレーク
Drake, Sir Francis
[生]1543頃.デボンシャー
[没]1596.1.28. ポルトベリョ沖
イギリスの海賊,海軍軍人。沿岸航路で習練後,1566年以降 J.ホーキンズ配下の海賊船長としてメキシコ湾を荒し,72年西インド諸島スペイン植民地を襲撃,多くの略奪品をもって翌年帰国。 77年 12月5隻の船隊を率いて世界周航に出発,南アメリカ沿いに南下マゼラン海峡を通り,ドレーク海峡を見出す。太平洋をチリ,ペルー沿いに北航し,北緯 48°あたりまで北上,太平洋を横切り,モルッカ諸島,喜望峰を経て,80年9月プリマスに帰還,イギリス人として初めての世界周航を成就。翌年エリザベス1世からナイト爵を授与された。 85年また海に出てカリブ海のスペイン船を攻撃。 87年にはカディス湾のスペイン艦隊を襲い,翌年無敵艦隊来襲の際には副司令官としてその撃破に貢献。 95年ホーキンズとともに再び西インド諸島のスペイン植民地攻撃におもむいて死去。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ドレーク(Francis Drake)
[1545ころ~1596]英国航海者西インド諸島のスペイン植民地略奪に私掠船長として活躍。1577~1580年、世界一周にマゼランに次いで成。のち、英国艦隊の司令官としてスペイン無敵艦隊を撃破。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ドレーク【Edwin Laurentine Drake】
1819‐80
アメリカ石油工業の開拓者。ニューヨーク州グリーンビルの貧農の子に生まれ,鉄道の車掌などさまざまな職に就いたあと,1857年彼が株主であったペンシルベニア・ロックオイル会社(ビスルGeorge H.Bissellが1854年に創設した世界初の石油会社)の事業に参画し,みずから塩井掘削技術を研究した。同社は翌年セネカ石油会社として継承され,彼を長としてペンシルベニア州タイタスビルでさく()井工事を企てた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ドレーク【Francis Drake】
1543?‐96
イギリスの航海者,副提督。西部の港町プリマスの近傍に生まれる。1549年カトリック教徒の反乱にあい,プロテスタント一家ケント逃亡船大工の町ジリンガムで赤貧のなかに成長した。60年代の初め,故郷プリマスに舞い戻り,縁者ホーキンズ家の徒弟として働く。67‐68年ジョン・ホーキンズの第3回奴隷貿易に参加,メキシコ東岸サン・フアン・デ・ウルアでスペイン艦隊の猛攻にあう。以来,復讐の鬼と化し,72‐73年にはパナマ地峡を攻撃,77‐80年には索敵と新航路探検を兼ねてイギリス人として初めて世界周航に成功,騎士位を受ける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ドレーク【Francis Drake】
1543頃~1596 イギリスの航海者・海賊。イギリス人として初めて世界周航(1577~1580)に成功。また、スペイン無敵艦隊撃破に功があった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ドレーク
生年月日:1819年3月29日
アメリカの石油掘鑿者
1880年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ドレーク
(Sir Francis Drake サー=フランシス━) イギリスの航海者、提督、探検家。一五八〇年イギリス人最初の世界周航を成就。八八年イギリス艦隊の副司令官としてスペイン無敵艦隊を撃破した。(一五四〇頃‐九六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ドレーク
Sir Francis Drake
1543ごろ〜96
イギリスの航海者
22歳のとき,私拿捕 (しだほ) 船の船長となってスペイン・ポルトガル船の略奪を行い,エリザベス1世からサーSir)に任じられた。1577年から約2年10か月間,イギリス人として最初の世界周航を試みて成功した。スペインの無敵艦隊の撃滅にも副提督として活躍。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドレーク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドレークの関連情報

関連キーワード

橋本宗吉おらが春シンガポール(国)ベートーベンアンベールブリジェンス石田春律各務文献振鷺亭林国雄

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation