@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドロール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ドロール
Delors, Jacques
[生]1925.7.20. パリ
フランスの政治家。ヨーロッパ委員会委員長(在任 1985~95)。フルネーム Jacques Lucien Jean Delors。1945年フランス銀行に就職し,のちにソルボンヌ大学で経済学の学位を取得。1962年フランス銀行を辞め,国の経済計画総局で社会問題部門の責任者となった。1969~72年ジャック・M.P.シャバン=デルマス首相の「新しい社会」政策で社会問題に関する主任顧問を務めた。1974年フランス社会党に入党,1976年党の国際経済関係全国代表となった。1979年ヨーロッパ議会議員に選出,同議会の経済通貨委員長を務めた。1981年フランソア・M.ミッテラン大統領から経済財政大臣に任命された。フランス経済が景気後退にあるなか,当初は政府統制と歳出を拡大する社会主義的な回復策を実施した。しかし最終的にはミッテランを説得して緊縮財政策を採用し,経済を比較的安定させることに成功した。1985年ヨーロッパ共同体 EC(→ヨーロッパ連合 EU)の行政執行機関であるヨーロッパ委員会委員長に就任。停滞感のあった ECにてこ入れをして改革を実施し,1987年単一ヨーロッパ議定書 SEA,1993年 EUを発足させるためのマーストリヒト条約の発効を導いた。1995年任期満了。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ドロール
どろーる
Jacques Lucien Jean Delors
(1925― )

フランスの政治家。パリ生まれ。パリ大学を卒業。1945年フランス銀行に入行し、1973年同理事、パリ大学客員教授となる。1959年フランス経済社会審議会委員や計画庁社会局長などで活躍、1969年シャバン・デルマス首相の秘書官となり、1976年社会党に入党して同党の国際経済担当、1979年ヨーロッパ議会の経済・通貨委員長、1981年蔵相、予算相を歴任、1985年ヨーロッパ共同体(EC)委員長となり、1992年再任。社会・経済畑の経験が豊かで、亀裂の生じていたヨーロッパ通貨統合プログラムを軌道にのせ、EC市場統合の旗振り役として高い評価を得る。1995年退任。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドロール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドロールの関連情報

関連キーワード

島津保次郎清水宏溝口健二衣笠貞之助五所平之助加藤高明内閣エレクトロニクス史(年表)戦間期(年表)アール・デコ内田吐夢

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation