@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドージェ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ドージェ
doge
ベネチア共和国の首長。ラテン語 dux (指導者) に由来する。8~18世紀までドージェの職は存在したが,8~12世紀頃最も強い権限を有していた。しかしその職は世襲制のものではなく,また独裁的なものではなかった。 12世紀以降ダンドーロ家など有力貴族の支配するところとなり,いったん選出されたら終身職となった。ビザンチン帝国を侵略したエンリコ・ダンドーロ (在職 1192~1205) ,イタリア本土の征服に最初に乗出したフランチェスコ・フォスカーリ (在職 1423~57) らがドージェ職についた著名な人物としてあげられる。 1797年のナポレオン1世のベネチア征服とともにこの職は廃止された。ベネチアのドージェを模してジェノバ共和国でも 1339年に設置されたが,やはりナポレオン支配のときに廃止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ドージェ
どーじぇ
dogeイタリア語
duxラテン語
「指導者」の意。イタリアのベネチア、ジェノバ両共和国の最高執政官。後者は前者の模倣(1339年以後)なので、普通は前者をさす。ベネチアのドージェについては、697年に初出、742年以後連続して出現した。全市民集会で選出されたドージェは強大な権限を有したが、同集会を名目化した有力者層の評議会が権力を集中したため、12世紀以後その権限はしだいに縮小した。ドージェはベネチア共和国の崩壊(1797)まで存続した。[斉藤寛海]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドージェ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドージェの関連情報

関連キーワード

デュークヘルツォークリミタネイ爵位[西洋]ドゥックスヘルツォーク

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation