@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドージャの反乱【ドージャのはんらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ドージャの反乱
ドージャのはんらん
Dózsa Rebellion
ハンガリーにおける 16世紀の農民一揆 (1514) 。王権衰退とともに,貴族階級が勃興。貴族は行政を左右し,莫大な個人財産を取得,他方農民はその重圧のもとに貧窮した。 1514年4月 16日,オスマン帝国に対する十字軍が提唱され,10万余の農民が徴集されたが,5月 23日計画が中止になった。しかし農民は手にした武器を離さず,ドージャ・ジェルジの指揮下に貴族に対する反乱に立上がった。数百軒の館が焼払われ,数千人の貴族が殺され,一時はブダ (現ブダペスト) も脅かされるにいたったが,同年 10月,トランシルバニア侯サーポヤイヤーノシュ (のちのハンガリー王) によってテメシュバール (現ルーマニアのティミショアラ) で鎮圧された。ドージャは捕えられて死刑に処せられ,貴族議会は農民に対する罰として以前に倍する過酷な賦役を課し,その自由をまったく奪った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドージャの反乱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドージャの反乱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation