@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドーミエ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ドーミエ
Daumier, Honoré
[生]1808.2.20/26. マルセイユ
[没]1879.2.10/11. バルモンドア
フランスの画家,版画家。幼少の頃ガラス職人の父親とともにパリに移る。 1829年頃リトグラフ (石版画) の技術を修得。 30年から『カリカチュール誌上政治漫画を発表し,ルイ・フィリップ王を攻撃したため 32年に投獄される。 35年『シャリバリ』紙に舞台を移して,以後 40年間にわたり貴族ブルジョアジー生態を風刺した。また,水彩画や油彩画に庶民の生活,大道曲芸師,ドン・キホーテ,芝居の場面などを描いた。 78年には視力を失い,極貧のうちにした。代表作,石版画連作ロベールマケール』,油彩画『三等車』 (ニューヨーク,メトロポリタン美術館) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ドーミエ(Honoré Daumier)
[1808~1879]フランス画家・版画家。政治・社会を風刺した石版画や、貧しい庶民生活を写実的に描いた油彩画で有名。作「ロベール=マケール」「ドンキホーテ」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ドーミエ【Honoré Daumier】
1808‐79
フランスの戯画家,画家,彫刻家。マルセイユで生まれる。父はガラス屋を営んだが,詩人としての成功を夢みてパリに移住した。少年時代は生活のために働きながら絵や石版術を学んだ。ルイ・フィリップを洋梨になぞらえたフィリポンCharles Philipon(1804‐62)が主宰している風刺雑誌《カリカチュール》,《シャリバリ》を舞台に,シャルレNicolas Toussaint Charlet(1792‐1845),トラビエCharles‐Joseph Traviès(1804‐59),ドベリアAchille Deveria(1805‐59)らと共通する様式の石版風刺画家として声価を確立する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ドーミエ
どーみえ
Honoré Daumier
(1808―1879)

フランスの画家、版画家。2月26日マルセイユに生まれる。1815年、ガラス工で詩人の父親がペンで身をたてようとパリに出たのをきっかけに、一家は翌年パリに移住。執達吏の給士や本屋の店員として苦労を重ねたのち、画家への道を歩み出す。やがて石版画の技法を習得、30年に『カリカチュール』誌を創刊したシャルル・フィリポンの注目するところとなり、同誌の風刺漫画家として雇われる。彼は数々の辛辣(しんらつ)きわまりない政治風刺画を寄稿したが、国王ルイ・フィリップをガルガンチュアに見立てた作品が官憲の忌諱(きき)に触れ、6か月の投獄の憂き目をみる。しかし彼の名声は一躍高まり、『トランスノナン街』など数々の名作を世に送り出した。35年、出版の自由を制限する法律により『カリカチュール』誌が廃刊に追い込まれると、彼もまた政治風刺から社会風刺に転じ、同じフィリポンの創刊になる日刊紙『シャリバリ』をおもな舞台に、皮肉なユーモアを込めてブルジョアジーを嘲笑(ちょうしょう)し、あるいは慈悲にも似た優しさでつつましい庶民をひやかしもした。48年の二月革命は共和主義者ドーミエの夢を実現させたかにみえた。しかしルイ・ナポレオンが支配力を伸ばし始めると、ふたたび政治風刺に着手、この新たな敵を攻撃すべく、石版画と彫刻とでボナパルト派を象徴する『ラタポワール』を制作した。しかし51年12月、ルイ・ナポレオンが権力を掌握すると、彼の政治活動は再度中止のやむなきに至った。

 彼は生涯に約4000点もの石版画を残したが、油彩画家としても近年高い評価を得ており、記憶と想像力によりながらも、リアリスティックな表現と明暗の巧みな対照によって『洗濯女』『三等列車』『ドン・キホーテ』などを描いた。晩年は盲目同然となり、生計にも苦しんだが、友情に厚いコローの援助でバルモンドアに住居を提供してもらい、79年2月11日、そこで生涯を閉じた。彼は率直鋭利な観察と高い精神性によって写実主義の先駆的地位を占め、ドガやロートレックら近代の画家に大きな影響を与えた。

[大森達次]

『R・レー著、大島清次訳『ドーミエ』(1969・美術出版社)』『R・エスコリエ著、幸田礼雅訳『ドーミエとその世界』(1980・美術出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ドーミエ
(Honoré Daumier オノレ━) フランスの画家・版画家。七月革命後、政治や社会風刺の石版画を発表し名声を得る。数多くの石版画、素描のほか、民衆の日常生活を明暗を基調とした作風で描いた油彩画もある。(一八〇八‐七九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ドーミエ
Honoré Daumier
1808〜79
フランスの画家
都市の下層民をよく描き,“都市のミレー”とも呼ばれる。七月王政を攻撃する政治風刺画を「シャリバリ」「カリカチュール」等に描いた。代表作「ドン=キホーテ」。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドーミエ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドーミエの関連情報

関連キーワード

ドルトン(John Dalton)一八〇八年五月三日ベートーベン1808年5月3日クライストスペイン独立戦争カルロス(4世)ゴヤ(年譜)ナポレオン戦争史(年表)ゲイ・リュサック

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation