@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ナイアガラ滝【ナイアガラたき】

世界大百科事典 第2版

ナイアガラたき【ナイアガラ滝 Niagara Falls】
アメリカ合衆国とカナダとの国境にある巨大な滝。五大湖のエリー湖オンタリオ湖を結ぶナイアガラ川にあり,川中島のゴート島(アメリカ領)により,カナダ滝(高さ48m,幅900m)とアメリカ滝(高さ51m,幅300m)とに分かれる。ケスタ地形の所にあり,上層よりも柔らかい下層の地層が先に浸食されているため,滝の裏側は大きくえぐられている。滝の上流部の水の一部は水力発電用に回流させられているが,これにより滝の浸食量が減り,より長く滝の形を保つと考えられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ナイアガラ滝
ないあがらたき
Niagara Falls

カナダのオンタリオ州とアメリカ合衆国のニューヨーク州にまたがる大きな滝。その壮麗な美しさで世界的に名高く、年間200万人以上の観光客が訪れ、北アメリカでもっとも有名な観光地の一つとなっている。五大湖のうちエリー湖とオンタリオ湖をつなぐナイアガラ川がナイアガラ・ケスタ(緩斜面と急斜面・崖(がけ)が交互に現れる地形)を横切る部分に生じた。ゴート島によりカナダ滝(ホース・シュー滝、落差48メートル、幅900メートル)とアメリカ滝(落差51メートル、幅305メートル)に分かれる。滝をつくる表層は古生代の硬い岩であるが、下層は軟らかい古生層であるため、滝の裏側は大きくえぐられており、アメリカ滝では「風の洞穴」とよばれる洞窟(どうくつ)もある。滝そのものの自然の美しさはもちろん、夜間照明に映えるカラフルな美しさ、雪景色を背にした凍結した冬の滝の壮観さなど、いろいろな滝が楽しめる。カナダ側のクイーン・ビクトリア公園からの眺めがとくにすばらしいといわれ、カナダ、アメリカ合衆国それぞれの側に展望のタワーなどの施設をもつ。カナダとアメリカ合衆国はナイアガラ滝の景観を保護するため、観光シーズンの滝の水量を毎秒2830トン、他の時期はその半分に制限し、残りの毎秒3680トン(平均)の水を水力発電に利用している。この電力は付近の電気化学工業、あるいは周辺の都市に供給される。

[大竹一彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナイアガラ滝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ナイアガラ滝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation