@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ナガ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ナガ
Naga
フィリピン,ルソン島南東部,ビコル半島の中央部にある市。カマリネススル州州都肥沃人口稠密なビコル川の沖積平野にあって,その中心都市となっている。 1573年スペイン人がビコル半島一帯の植民の根拠地とした。ヌエストラ・セニョラ・デ・ペニャフランシア大聖堂などが残り,スペイン文化の色彩をとどめる。米,コプラ,マニラアサなどの集散が盛ん。マニラからレガスピに延びる鉄道の主要駅で,道路は州内各地に延びる。人口 11万 5000 (1990推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ナガ(Naga)
フィリピン、ルソン島南東部、南カマリネス州の都市。同州の旧州都。ビコール半島の中心にあり、ナガ川とビコール川の合流点に位置する。毎年9月、同国最大規模の聖母マリアのための祭りが催されることで有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ナガ【Naga】
フィリピン,ルソン島南東部のビコル半島にある古い都市。南カマリネス州の州都。人口10万3000(1994)。1573年に建設されたフィリピン最古のスペイン集落の一つで,旧称をヌエバ・カセレスNueva Caceresといい,長い間ビコル地方における植民地支配,カトリック教会行政の中心地であった。マニラからビコル半島に抜ける鉄道,幹線道路はすべてここに集まる交通の要衝であるとともに,肥沃で広大なビコル平野を後背地にもつ一大商業中心地であり,州都のみならずビコル地方全体の行政中心でもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ナガ
なが
Nagas

チベット・ビルマ語派の言語を話すモンゴロイド系の民族集団で、インド北東部のブラマプトラ平原とミャンマー(ビルマ)北部のチンドウィン渓谷以西の山脈に挟まれた山岳地帯に住む。彼らはヒンドゥー文化とビルマの仏教文化の境界地帯にまたがる地域に居住しているにもかかわらず、これら二つの文化とはまったく異なる文化をもつ。ナガの文化は、東南アジアの大部分に分布する有史以前の古代文化の名残(なごり)と考えられている。台湾、フィリピン、ボルネオ島の古代高地民族の文化との間にはいくつもの類似点がみいだされ、これらとのつながりは、新石器時代にさかのぼる。ナガはアンガミ、レングマ、ロタ、アオ、コニヤク、サンタン、チャングなどのグループに分類され、かつては部族間で戦争や首狩りを行った。生業は焼畑耕作であるが、居住地そのものを移動することはなく、何代にもわたって同じ村に住む。彼らの村は大規模で密集しているのが特徴である。外婚制の父系クラン(氏族)組織をもっており、全村を統制するような首長制度はなく、部族によっては年齢集団が政治権力を行使することもある。ナガはまた、社会的名声を得ようとする者が、ウシやブタの供犠を行い勲功祭宴(くんこうさいえん)を催すことでも知られる。アンガミ・ナガでは、獲得した威信を保つために、石柱や石板などの巨石記念物を立てる習慣がある。

[清水 純]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナガ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ナガの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation