@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ナスダック【なすだっく】

大辞林 第三版

ナスダック【NASDAQ】
全米証券業協会( NASD )が開設した店頭銘柄市場。1971年創設。ベンチャー企業やハイテク企業が多く上場。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナスダック【NASDAQ】
National Association of Securities Dealers Automated Quotations

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ナスダック
National Association of Securities Dealers Automated Quotations; NASDAQ
店頭銘柄気配自動通報システム。アメリカで発達している店頭市場の中核的役割を担うシステムで,物理的な立会場を持たず,コンピュータ・ネットワークを利用して株式を売買するもの。全米証券業協会 (NASD) が管理・運営している。 1963年に証券取引委員会 (SEC) の勧告契機として誕生し,71年にシステムが稼働し始めた。取引対象は NASDに登録されている銘柄であり,登録には一定要件を満たすことが必要であるが,この要件は 79年に大幅に緩和された (赤字企業での登録も可能) 。このため銘柄数だけでいえば,ニューヨーク証券取引所を上回って第1位であり,ベンチャー企業にとって格好資金調達や知名度向上の場となっている。 93年の売買高は全米第2位であり,最も活力のある市場である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ナスダック
(National Association of Securities Dealers Automated Quotations の略) アメリカの株式店頭市場。全米証券業協会(NASD)が、一九七一年に開設。コンピュータを介して売値・買値が端末機に自動表示されるシステムになっている。登録用件によって二部に分かれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナスダック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ナスダックの関連情報

関連キーワード

フランク ザーブNASDAQナスダック(NASDAQ)ナスダック・ジャパンNASDAQNSCCFINRANASDAQナスダックジャパン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation