@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ナツアカネ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ナツアカネ
Sympetrum darwinianum
トンボ目トンボ科。腹長 24~25mm,後翅長 25~30mm。普通のアカトンボで体は橙黄色,黒色条がある。雄は成熟すると体全体,複眼まで真赤になる。6月下旬から出現し,晩秋までみられる。日本全土,中国,朝鮮,台湾に分布する。近縁種のアキアカネ S. frequensは日本全土に最も普通な種で,6月下旬より低地に出現し,その後山地に移動し,秋になると再び低地に下る。成熟すると雄は腹部が赤化するが,雌では腹背が部分的に赤変するのみである。 (→トンボ類 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なつあかね【ナツアカネ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ナツアカネ
なつあかね / 夏茜
[学] Sympetrum darwinianum

昆虫綱トンボ目トンボ科に属する昆虫。アキアカネとほぼ同大の種類で、夏だけに現れるものではなく、出現期もアキアカネとほぼ同様で、成熟した雄は全身赤色化する。

[朝比奈正二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナツアカネ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ナツアカネの関連情報

関連キーワード

とことこ景観資源ライフル射撃階段採掘法白糸ノ滝大谷-定古墳群台風暴風大坂城跡「新亀石」水辺祭祀場ナショナルトレーニングセンター

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation