@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ナツメヤシ(棗椰子)【ナツメヤシ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ナツメヤシ(棗椰子)
ナツメヤシ
Phoenix dactylifera; date palm
ヤシ科の常緑高木(→ヤシ)。ペルシア湾沿岸原産とされるが,サハラ砂漠オアシスにも自生している。西アジアから北アフリカ,新大陸の乾燥地などで広く栽培される重要な作物で,アラビア半島で特に多い。幹は自然状態では生するが,栽培品の多くは単生で直立または傾立し,高さ 25~30m,直径 50~80cm。葉は硬く,光沢ある灰緑色羽状複葉で長さ 3mに達する。雌雄異株。黄色または白色の小花を多数つける。果実はおおむね長さ 3~4cmのナツメ状をなす楕円球形,種子は細長く片側に縦の溝をもつ。品種が多く,果実は生食するほか乾果として貯蔵しゼリー,ジャムの原料とする。またの先端からとれる樹液はヤシ酒の原料にされる。またこのヤシの葉の繊維をラクダの毛に混紡して,キャラバン隊商)のテントに使うという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナツメヤシ(棗椰子)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ナツメヤシ(棗椰子)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation