@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ナデシコ科【ナデシコか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ナデシコ科
ナデシコか
Caryophyllaceae
双子葉植物ナデシコ目の1科で約 80属 2000種がある。おもに北半球の温帯に分布する草本で海岸から高山まで生育範囲は広い。葉は必ず対生し,全縁で鋸歯はない。花は両性花で,4~5枚の花弁,同数の萼片をもち,おしべ5~10本,めしべは子房上位で2~5本の花柱がある。花の美しいものが多いので園芸植物として親しまれるものも多い。果実は通常は 蒴果で,中に多数の細かな種子ができる。ハコベツメクサマンテマ,ナデシコなどの諸属がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ナデシコ科
なでしこか
[学]Caryophyllaceae
双子葉植物、離弁花類。多くは草本、まれに低木状となる。葉はほとんどが対生し、縁(へり)は切れ込まない。花は5数性で放射相称が基本。子房は1室、胚珠(はいしゅ)は中軸胎座につくか、まれに1個である。果実は普通(さくか)、まれに裂開しない。温帯から寒帯を中心に世界に約80属2000種、日本では約16属70種が知られる。通常3亜科に分けられる。托葉(たくよう)のあるウシオツメクサ亜科Spergularioideaeは日本にはヤンバルハコベ属Drymaria、オオツメクサ属Spergulaなど、少数が分布する。托葉がなく萼片(がくへん)が離生するハコベ亜科Alsinoideaeは日本ではハコベ属Stellaria、ミミナグサ属Cerastium、ツメクサ属Saginaなど、雑草としてごく普通にみられるものも多い。托葉がなく、萼が筒状となり、子房の基部に細い柄があるマンテマ亜科Silenoideaeにはナデシコ属Dianthus、センノウ属Lychnisなど、花の美しい属があり、観賞用としてカーネーション、カスミソウなどが親しまれている。[三木栄二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナデシコ科」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ナデシコ科の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation