@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ナトゥフ文化【ナトゥフぶんか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ナトゥフ文化
ナトゥフぶんか
Natufian culture
パレスチナの中石器文化。主としてイスラエルシリアの地中海沿岸とヨルダン渓谷に分布するが,近年の調査により,南部の砂漠地帯やユーフラテス川周辺にまで広がっていたことが確認されている。 1928年イギリスの考古学者 D.ギャロッドがエルサレム北西方のワディ・エ・ナトゥフ河谷のシュクバ洞窟を調査し,そこで発見した細石器を中心とする中石器文化をナトゥフ文化と命名した。この時代には,洞窟のほか竪穴住居に住み,狩猟漁労が行われ,農耕以前の野生穀物依存の生活が営まれていたと推測されている。発見されたの刃から草の繊維がみられるため,すでに農耕が始っていたとする説もあるが,疑問視されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ナトゥフぶんか【ナトゥフ文化】
パレスティナの地中海性気候地域を中心にみられる中石器文化。最初の発見地ワディ・エン・ナトゥフWadi en‐Natuf(Wādī al‐Natūf)遺跡にちなみ名づけられた。レバント地方全域に類似の文化がみられるが,典型的な文化内容をもつものは,地中海性気候地帯が主である。ナトゥフ文化の起源については諸説あったが,今日ではこの地域の後期旧石器時代の文化から,ケバラー文化,ジオメトリック・ケバラー文化を経てナトゥフ文化に至る過程が明らかにされており,パレスティナの地中海性気候地域での自生説が有力になっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

ナトゥフ文化
ナトゥフぶんか
Natufian
中石器時代の特に前7000年ごろ栄えたパレスチナ地方の文化
細石器を多数出土し,土掘り用の石棒石皿も見られる。野生穀物を食用に供したがあり,農耕生活に移行する過渡期の文化として重要である。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナトゥフ文化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ナトゥフ文化の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation