@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ナフトール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ナフトール
naphthol
化学式 C10H7OH 。ナフタリンフェノール。次の2種がある。 (1) 1-ナフトール α-ナフトールともいう。無色結晶,融点 96℃,昇華性。染料香料の合成原料として用いられる。 (2) 2-ナフトール β-ナフトールともいう。無色の結晶,融点 121~123℃。染料,薬品,香料の合成原料として用いられるほか,ゴムの酸化防止剤としても使用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ナフトール(naphthol)
ナフタレン水素原子1個が水酸基置換された化合物。特有の臭気をもつ昇華性の針状または板状結晶。水には溶けにくいが、ベンゼンエタノールなどには溶けやすい。防腐剤・染料などの原料。化学式C10H7OH

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ナフトール【naphthol】
ナフタレンのモノヒドロキシ誘導体をさし,1‐(またはα‐)ナフトールと2‐(またはβ‐)ナフトールの2種がある。ともにフェノール臭をもつ昇華性の無色の結晶で,α‐体は融点96℃,沸点288℃,β‐体は融点122℃,沸点296℃。エチルアルコール,エーテル,クロロホルム,ベンゼンによく溶け,水には溶けない。しかし酸解離指数pKa(20℃)はα‐体約9.3,β‐体約9.5でフェノールよりやや強い酸であり,アルカリ水溶液によく溶ける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ナフトール
なふとーる
naphthol

ナフタレンの水素原子1個をヒドロキシ基-OHで置換した化合物。その位置により2種の異性体がある。1-ナフトールは無色の柱状結晶。2-ナフトールは無色~微黄色の葉状結晶。いずれの異性体もフェノール状の臭気があり、昇華性。水にはわずかにしか溶けないが、水酸化アルカリ水溶液、エタノール(エチルアルコール)、ベンゼンなどに易溶。塗料、香料、医薬の製造に利用される。相当する1-あるいは2-ナフタレンスルホン酸から製造される。

[徳丸克己]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ナフトール
〘名〙 (Naphthol) 植物「げっかこう(月下香)」の異名。〔物品識名(1809)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナフトール
〘名〙
① (Naphthol) ナフタリンの水素の一つが水酸基と置換された化合物。化学式 C10H7OH α‐ナフトールとβ‐ナフトールの二つの異性体がある。いずれも無色、単斜晶系結晶。ジアゾニウム化合物とアゾ染料をつくるので染料中間体として重用される。β‐ナフトールは劇薬。オキシナフタリン。
※最新実用衣服と整容法(1928)〈青木良吉〉「その後に〈略〉ナフトール染料などが、続々発見せられたにも拘らず」
※機械のなかの青春(1955)〈佐多稲子〉一「花模様のナフトルのはんてんを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ナフトール
ナフトール
naphthol

naphthalenol.C10H8O(144.17).C10H7OH.1-および2-ナフトールの2種類の異性体がある.いずれもそれぞれ相当するナフタレンスルホン酸をアルカリ融解して製造される.1-ナフトールは融点96 ℃,沸点280 ℃ の昇華性柱状晶.2-ナフトールは融点123 ℃,沸点286 ℃ の昇華性葉状晶.いずれもエタノール,エーテル,ベンゼンなどの有機溶媒に易溶,水に難溶.水酸化アルカリ水溶液にはアルカリ塩となってよく溶け,また光によって褐色にかわる.ナフトールを封管中350~400 ℃ に加熱すると2分子脱水縮合して,1-または2-ジナフチルエーテルを生じる.染料,香料,医薬品の合成原料に用いられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナフトール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ナフトールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation