@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ナボポラッサル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ナボポラッサル
Nabopolassar
[生]?
[没]前605.8.16.
新バビロニア帝国初代の王 (在位前 626~605) 。バビロニア名ナブ=アパル=ウスル。前 625年バビロンアッシリアから独立,前 612年アッシリアの首都ニネベを落し,前 610年ハランで敗残のアッシリア軍を滅ぼした。バビロニア諸都市に王宮神殿を建設,帝国隆盛の基礎を築いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ナボポラッサル【Nabopolassar】
新バビロニアの王。在位,前625‐前605年。正確にはナブーアプラ・ウスルNabū‐apla‐uṣur。カルデア人ヤキン族の出身。アッシリアの宗主権下で海国首長の地位にあったが,同帝国最後の英王アッシュールバニパルとバビロンにおけるその傀儡(かいらい)であったカンダラーヌKandalanuの死後1年を経てバビロンの王位就き,新バビロニア王朝(カルデア王朝)を建設した。即位後の10年近くはアッシリアの執拗な反撃に耐えて,もっぱら政権の維持・確立に努めたが,治世10年ころからは攻勢に転じ,毎年のごとくティグリス川沿いあるいはユーフラテス川沿いにアッシリア遠征を行った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

ナボポラッサル
Nabopolassar
年不詳
新バビロニア王国の初代の王(在位前625〜前605)
ネブカドネザル2世の父。アッシリアの衰勢に乗じてバビロニアの独立をはかり,メディア王などと協力してアッシリアのニネヴェを陥落させたり,エジプトのネコ2世を破るなど,王国の基礎を固めた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナボポラッサル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ナボポラッサルの関連情報

関連キーワード

ネブカドネザル2世大運河新バビロニア劉方ネブカドネザル(2世)さくら保険金事件BMW新橋―神戸間全通エルサルバドル共和国ネブカドネザル二世

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation