@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ナルセス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ナルセス
Narses; Narsēs
[生]480頃.アルメニア
[没]574
ビザンチンの将軍。宦官で,皇帝親衛隊長としてユスチニアヌス1世に仕え,侍従長に昇進。 532年コンスタンチノープルで暴動発生のとき,適宜な軍事的行動と莫大な政治的賄賂によって帝位を救った。 535年エジプトに派遣され,総大主教テオドシウスの選任をめぐる紛争を収め,538年帝国財務長官となり,イタリア遠征軍長官ベリサリウスを助けるため同地に送られたが,同時にベリサリウスの動静を密告することをも命じられた。両者の不和により作戦は失敗,翌年召還された。しかし 551年バルカンに侵入したフン族などを撃退,552年には3万の軍を率いてイタリアで東ゴート人を撃滅し,554年イタリアを征服,その後 13年間イタリアを統治した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なるせす【ナルセス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ナルセス
なるせす
Narses
(490ころ―574ころ)

東ローマ帝国の宮廷官僚、軍人。ペルシア領アルメニア出身の宦官(かんがん)であった。皇帝ユスティニアヌス1世の側近として務め、538年にはイタリアへ軍を率いて遠征したが、先発の将軍と意見があわず、翌年召還された。だが皇帝および皇妃テオドラの信任は厚かった。551年イタリア方面の最高司令官に任命され、552年、561年にゴート人に対して勝利を収める。554年にはカプア近郊の戦いでアラマン人を破り、全イタリアを屈服せしめた。ローマに居を定め、軍事・政治上の大権保有者としてイタリア全体の政治をつかさどった。また、宗教上の紛争の渦中にあってよく中立的立場を保ち続けた。567年皇帝から呼び戻され、イタリアを離れた。死後、コンスタンティノープルに手厚く葬られた。

[田村 孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ナルセス
Narses
478ごろ〜568
東ローマ帝国の将軍
ユスティアヌス1世の宦官 (かんがん) 。ベリサリオス後任としてイタリアに遠征し,東ゴート族を破り,ラヴェンナでイタリア総督となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナルセス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ナルセスの関連情報

関連キーワード

余剰農産物協定ネポスギリシア美術レオニダスヨハネス3世ベネディクツス1世VGAVGAVGA分解能

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation