@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ナワーブ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ナワーブ
nawāb
アラビア語 nā'ib (代官) の複数 nuwwāb訛した語で,インドのイスラム王朝で地方長官 (太守) の意味に用いられた。特にムガル帝国で用いられたが,18世紀になってムガル中央権力が弱体化すると,各地方のナワーブが独立の政治権力化した。そのなかでもベンガル地方とアワド地方のナワーブは有名である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ナワーブ【nawāb】
アラビア語ナーイブnā’ibの複数形ヌッワーブnuwwābが転訛したことばで,〈代官,長官〉の意味。インドのムガル帝国では,地方の知事,代官の称号として用いられた。しかし,18世紀以降ムガル帝国の中央権力が衰え,各地の実力者が勢力をのばして事実上独立した状態になってくると,役職とは無関係にナワーブはまったくの称号と化し,実力者が勝手にみずから名のるようになった。それに伴い,当時インドに進出しつつあったイギリスは,各地方のナワーブと直接交渉した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ナワーブ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ナワーブの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation