@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ナーティヤ・シャーストラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ナーティヤ・シャーストラ
Nāṭya-śāstra
インドの演劇・舞踊・音楽の理論書。6~8世紀頃インド最初の音楽理論家として知られるバーラタによって著わされたといわれるが,内容の主要部は2~5世紀に固まった。 36章に分れ,神話的起源に始り,劇場の構造,ラサ (情調) の理論,身ぶり表現,身体の動き,化粧,衣装,上演の分析,劇の詩的要素,韻律,音楽理論,楽器,歌,演劇の登場人物の性格,俳優の訓練,演劇評論など多岐にわたる。特にバーラタが分析したラサは,のちのインドにおける文学,美術,建築,音楽,舞踊などの美学の概念を作り上げた。演者は観客の心に潜在する8種のラサ (恋情,憤怒,勇武,憎悪,滑稽,悲愴,奇異,驚愕) を喚起させるのを目的とし,したがって劇の筋,配役,俳優の使用言語,演技,表現,扮装などが規定されるとする。後世劇作術は,ほとんどすべてがこの書によるといえる。また,バーラタが記した身体表現は南インドのチダンバラム寺院にある浮彫り彫刻の 108像のカラナのポーズ (姿態) にみることができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ナーティヤ・シャーストラ
なーてぃやしゃーすとら
Nātya-śāstra

現存するインド最古の演劇理論書。サンスクリットで書かれ、もっとも権威ある書として後世に大きな影響を与えたが、現存する数種の写本は不完全で内容にも差がある。成立年代は不明であるが、2世紀にはすでに存在していたと推測され、古来から作者は聖仙バラタBharataと伝承されている。後世の古典サンスクリット劇の創作と鑑賞の規範となった各種の理論、すなわち劇場の規模、舞台装置、衣装、演技、俳優、観客、劇の構造と筋の仕組み、登場人物、使用言語の種類とその修辞法や韻律、戯曲の種類などが規定されている。とくに、劇的効果が観客に与える心理的影響を分析、整理した「ラサ」rasa(原義は「味」、転じて情調)の理論は、後世の戯曲のみならず、韻文学を含めたインド古典文学の理論体系の中核となった。

[町田和彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナーティヤ・シャーストラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ナーティヤ・シャーストラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation