@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ニオガイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ニオガイ
Barnea manilensis
軟体動物門二枚貝綱ニオガイ科。長 7cm,殻高 2.4cm,殻幅 2.3cm。殻は薄く,前後に長く,殻頂前方に寄り,後方に向うにつれて細くなる。前端腹側は,両殻の間が広く開き,殻表は成長脈と放射肋が交って棘状になるが,放射肋は後方にいくに従い弱くなる。前端背側にはへら状の前板が乗る。潮間帯付近にすみ,足を前後側から出して岩に当て,殻を動かして泥岩を削って穿孔し,後端から水管を出して呼吸してをとる。北海道から九州,熱帯太平洋に広く分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ニオガイ
におがい / 鳰貝
[学] Barnea manilensis

軟体動物門二枚貝綱ニオガイ科の二枚貝。日本各地および太平洋の熱帯域に分布し、潮間帯下の泥岩中に穿孔(せんこう)してすんでいる。殻長50ミリ、殻高25ミリぐらいで、殻は白くて薄質、殻頂は前方に寄る。前背縁は反曲し、殻頂上を覆い、そこにヤナギの葉形の前板がのっている。殻の輪郭が水鳥(ニオはカイツブリの古名)を連想させるのが名の由来である。殻前部の放射肋(ろく)は成長脈と交わったところで棘(とげ)状となり、全体がやすり板状になる。殻前腹縁は開いていて、ここから吸盤状の足が出る。この足によって動物は穿孔した穴の中に固着し、殻を回転させながら穴を広げる。ヨーロッパにすむ近縁種のヒカリニオガイB. dactylusは、発光動物として知られる。

[奥谷喬司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニオガイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ニオガイの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation