@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ニカの乱【ニカのらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ニカの乱
ニカのらん
Insurrection of Nika
532年1月ビザンチン帝国の首都コンスタンチノープルの市民がユスチニアヌス1世に対して起した反乱。大競技場で行われる4頭馬車競技の応援団体である青党と緑党の2団体 (→デーモイ ) は,日頃の重税と警察の不当な取締りを訴えた。そしてこれに対する皇帝の返答を不満とし,「ニカ! (勝て!) 」を合言葉に大競技場を本拠暴動を起した。大聖堂 (のちのハギア・ソフィア ) ,ゾイクシポス浴場,王宮の一部などに放火し,先帝アナスタシウス1世の甥を反対皇帝に選出,首都は一時無政府状態に陥った。退位を決意した皇帝は皇妃テオドラ激励によりこれを思いとどまり,将軍ベリサリウスは近衛隊を指揮し,大競技場の暴徒鎮圧に成功した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にかのらん【ニカの乱】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ニカの乱
にかのらん

532年、ビザンティン帝国の首都コンスタンティノープル(現イスタンブール)を無政府状態に陥れた騒乱。ユスティニアヌス1世(在位527~565)は、即位前に、彼の政治的・宗教的政策を支持する民衆グループ青派factio venetaを保護し、緑派factio prasinaと対立したが、帝位につくと、政治上の圧力となる党派行為を弾圧するようになった。532年1月10日、大競技場で青、緑両派の争いが起こり、処刑者が出たが、皇帝に対する減刑嘆願がいれられないため、競技終了後両派は合流、「ニカNika(勝利)」を合いことばに街に繰り出し、放火に及んだ。騒乱に乗じ、反皇帝派の元老院議員らは、故アナスタシウス帝の甥(おい)ヒパティオスを反対皇帝に擁立した。ユスティニアヌス1世はトラキアへの逃亡を企てたが、皇妃テオドラの諫言(かんげん)により思いとどまり、反皇帝派を急襲させ、これを総崩れにした。ヒパティオスを処刑し、当の元老院議員18人の家財を没収し、ようやく乱を鎮圧した。

[和田 廣]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニカの乱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ニカの乱の関連情報

関連キーワード

金官国古画品録ボニファチウス2世任那(みまな)ユスティニアヌス(1世)認定こども園05年の台風14号災害患者等搬送事業劉勰

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation