@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ニカイア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ニカイア
Nikaia; Nicaea
小アジア,ビチュニアの古都。現トルコのイズニク。前 316年頃マケドニア王アンチゴノス1世が建設してアンチゴニアと名づけたが,まもなく,アンチゴノスを破って小アジア一帯を制圧したリュシマコスが妻の名にちなんでギリシア名ニカイアと改めた。その後ビチュニア王国からローマの支配下に移り (前 74) ,小アジアの交通の要衝として栄え,ビザンチン時代にも重要都市の座を占めた。 325,787年の教会会議およびニカイア信条にその名を残している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ニカイア(〈ギリシャ〉Nikaia)
小アジアの北西部にあった古代都市。325年、ローマ皇帝コンスタンティヌス1世がキリスト教会最初の公会議を召集し、三位一体説をとるアタナシウス派を正統とし、アリウス派を異端とした。現在名イズニク。ニカエアニケーア

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にかいあ【ニカイア】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ニカイア
(Nikaia) 古代、小アジア北西部にあった都市。三二五年、ニカイア宗教会議が開かれた。現在のトルコ北西部のイズニク村にあたる。ニケーア。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニカイア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ニカイアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation