@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ニケーア公会議【ニケーアこうかいぎ】

旺文社世界史事典 三訂版

ニケーア公会議
ニケーアこうかいぎ
Concilium Nicaenum
小アジアのニケーアニカイア)で開催された宗教会議。325年と787年に開かれた
【第1回会議】325年コンスタンティヌス1世が召集。313年のミラノ勅令で公認されたキリスト教は教義上の不統一があり,特にイエスが神と同質・同格であるとする三位一体説派(のちのアタナシウス派)と,イエスを神に最も近い人とするアリウス派の説とが鋭く対立し,アタナシウス派が正統と認められた。キリスト教会内でこれが教義として確立するのは,381年のコンスタンティノープル公会議のときである。なお,アリウス派は,その後ローマ帝国を逃れてゲルマン諸族への布教につとめた。
【第2回会議】第7回公会議として787年に開催。聖画像(イコン崇敬の可否が論議され,聖画像崇敬を偶像崇拝とする説はしりぞけられた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ニケーア公会議
にけーあこうかいぎ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニケーア公会議」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ニケーア公会議の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation