@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド

栄養・生化学辞典

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド
 C21H27N7O14P2 (mw663.43).

 NAD,NADと略す.還元型をNADHと記す.ジホスホピリジンヌクレオチド (DPN) は旧称生体の酸化還元反応を触媒する酵素補酵素として多くの酵素反応に関与する物質.ナイアシン原料に生体内で合成される.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にこちんあみどあでにんじぬくれおちど【ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド
ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド
nicotinamide adenine dinucleotide

C21H27N7O14P2(663.43).略称NAD.以前は補酵素Ⅰ(CoⅠ),あるいはDPN(ジホスホピリジンヌクレオチド)ともよばれた.下の表に示したような酸化還元酵素補酵素で,構造式は次のとおりである.NADは還元型基質から水素を受けとりそれを酸化し,還元型NAD(NADH)と H を生成する.NADの還元は次に示すようにニコチン酸アミドの部位で起こる.この反応は可逆的である.吸湿性の白色の粉末.水に易溶.酵母から単離されるが,ニコチンアミドモノヌクレオチドとアデノシン5′-リン酸との脱水縮合で合成される.NAD-31.5°(水).λmax 259 nm(ε 17.6×106).NADH:+14.8°(水).λmax 340 nm(ε 6.2×106).NADが関与するアルコール脱水素酵素の反応は次のように示される.

  CH3CH2OH + NADCH3CHO + NADH + H  

反応が右へ進行するとき340 nm の吸光度は増加する.これを利用して酵素反応速度を測定することができる.また,NADHはフラビンを介してグルタチオンシトクロムを還元する作用がある.

  NADH + H + FAD → NAD + FADH2

  FADH2 + 酸化型グルタチオン →

FAD + 2還元型グルタチオン  

また,NADはDNAが切断されたとき,それを修復する酵素DNAリガーゼの作用にも関与する.LD50 4.333 g/kg(マウス,腹腔).[CAS 53-84-9]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ニコチンアミド‐アデニン‐ジヌクレオチド(nicotinamide adenine dinucleotide)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド
にこちんあみどあでにんじぬくれおちど

NAD

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation