@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ニコチン酸【ニコチンさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ニコチン酸
ニコチンさん
nicotinic acid
ビタミンB 複合体の一つ。ナイアシンともいう。生体に広く分布し,特に穀物,豆類,肝臓,肉,酵母などに多い。酸味のある針状結晶。水には溶けるがエーテルベンゼンには溶けない。消化管から吸収されたニコチン酸は,生体内で補酵素 NAD に生合成される。医薬としてはビタミン B2 と同様にペラグラの予防および治療に用いられる。なお,インドール酢酸とともに植物の芽生えに与えると,その生長を促進する働きが知られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ニコチン‐さん【ニコチン酸】
ビタミンB複合体の一。無色の結晶。ニコチン酸アミドの形で生体内に広く分布し、特に動物の肝臓に多い。欠乏症ではペラグラになる。化学式C6H5NO2 ナイアシン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ニコチン酸
 C6H5NO2 (mw123.11).

 ビタミンB群の一つであるナイアシンの活性を示す化合物の一つ.抗ペラグラ因子ビタミンPPなどとよばれた.NAD,NADP合成の材料となる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にこちんさん【ニコチン酸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ニコチンさん【ニコチン酸】
ビタミン B 複合体の一。無色結晶。化学式 C6H5NO2 動物体内では主として補酵素中にニコチン酸アミド C6H6N2O として存在する。ナイアシンとも呼ばれ、ペラグラ病の予防や治療に用いられる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ニコチン酸
にこちんさん
nicotinatenicotinic acid
無色安定な水溶性ビタミンB複合体の一つ。3-ピリジンカルボン酸で、ヒトの抗ペラグラ因子。ナイアシンniacinともよばれる。分子式C6H5NO2、分子量123.11。ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドnicotinamide adenine dinucleotide(NAD)はその誘導体。まず、ニコチン酸とホスホリボシル二リン酸phosphoribosyl pyrophosphate(PRPP)からニコチン酸リボヌクレオチドnicotinate ribonucleotideが形成される。ニコチン酸はトリプトファン(必須(ひっす)アミノ酸の一つ)から生成される。食物からのトリプトファンの供給が十分な場合、ヒトは必要量のニコチン酸を合成できるが、その摂取が少ないと、皮膚炎、下痢、認知症を症状とするペラグラを発症することを1937年にアメリカの生化学者エルベームConrad Arnold Elvehjem(1901―1962)が証明した。ニコチン酸は広く動植物組織に分布し、肉類とくに肝臓に多く含まれる。トウモロコシの主要タンパク質であるツェインにはトリプトファンがほとんど含まれていないため、トウモロコシを常食とする地方にはペラグラが発生しやすい。またニコチン酸は、生体組織では遊離のものはなく、すべてニコチン酸アミドに変化してニコチンアミドヌクレオチド(ピリジンヌクレオチド)として存在し、生体酸化還元反応に関与している。
 ヒトの場合、トリプトファン60ミリグラムがニコチン酸1ミリグラムに相当するとされている。したがって、ニコチン酸の所要量は、この比率で計算したトリプトファンからのニコチン酸量を合計したニコチン酸当量として表示されることが多い。このニコチン酸当量の必要量は摂取エネルギーに基づいて算出されており、日本では1000キロカロリー当り6.6当量が基準として用いられる。また、過剰摂取した場合は、他の水溶性ビタミンと同様に尿中に排出される。[有馬暉勝・有馬太郎・竹内多美代]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ニコチン‐さん【ニコチン酸】
〘名〙 水溶性ビタミンのビタミンB複合体の一つ。化学式 C5H4N(CO2H) 無色、無臭、酸味のある針状結晶。酸アミドの形で肝臓、肉、胚芽(はいが)、ぬか、豆類、酵母などに含まれる。一九一〇年、鈴木梅太郎が発見。欠乏するとペラグラ病になる。医薬品として用いられる。ナイアシン。ニアシン。ピリジン‐三‐カルボン酸。ピリジン‐β‐カルボン酸。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ニコチン酸
ニコチンサン
nicotinic acid

3-pyridinecarboxylic acid.C6H5NO2(123.11).ナイアシンともいう.ビタミンB複合体の一つで,抗ペラグラ因子.動物の肝臓,肉,酵母,豆類,穀物など生体内に広く存在する.ニコチン,3-ピコリン,3-エチルピリジンなどを濃硝酸,その他で酸化して合成される.針状晶.融点236.6 ℃.昇華性がある.水,エタノールに可溶,エーテル,ベンゼンに不溶.生体内ではトリプトファンから合成され,おもにニコチン酸アミド補酵素(NAD,NADP)の形で存在し,酸化還元反応に関与している.欠乏症は消化器および中枢神経系症状を伴う皮膚変化(ペラグラ)を起こす.[CAS 59-67-6]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニコチン酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ニコチン酸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation