@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ニコチン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ニコチン
nicotine
タバコに含有されるアルカロイドの一つ。無色,特異臭の液体。沸点 247℃。室温ではかなり揮発性で,容易に酸化されて褐色に変る。水,アルコール,エーテルに易溶。タバコにはリンゴ酸塩,クエン酸塩として存在する。猛毒であって,神経中枢および末梢神経を興奮させ,腸,血管の収縮を起し,血圧の上昇を促す。硫酸塩は殺虫剤として用いられる。 (→ニコチン中毒 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ニコチン(nicotine/〈ドイツ〉Nikotin)
タバコの葉に含まれるアルカロイドの一。無色の揮発性の液体で、空気に触れると褐色になる。独特の臭気と味をもち、水に溶けやすい。神経系に作用し、興奮もしくは麻痺(まひ)させる。猛毒。農業用殺虫剤などに使用。命名は新大陸原産でポルトガルで愛好されていたタバコを、フランスに持ち帰った外交官ジャンニコにちなむ。化学式C10H14N2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

ニコチン
ジャン・ニコ(Jean Nicot。一五三〇頃~一六〇〇)▼フランスの外交官。リスボン駐在大使を務めていた頃(一五五九~六一)、ポルトガルの探検家たちが米大陸からたばこの種子を持ち帰り始めていた。彼は一五六〇年にフロリダ産のたばこの苗を贈られ、それを栽培して自ら喫煙の効果を確認してから、葉を王太后カトリーヌ・ド・メディシスや貴族たちに贈った。帰国時には、たばこを大量に持ち帰って大儲けする。液体のニコチンは一九世紀初頭になって抽出され、彼を記念して命名された。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

栄養・生化学辞典

ニコチン
 アルカロイドの一つで,タバコに含まれ,血圧上昇効果など薬理作用がある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活習慣病用語辞典

ニコチン
たばこの葉に含まれる成分で、末梢神経や中枢神経を刺激し、血管を収縮させ、血圧を上昇させる作用があります。依存性、中毒性があります。

出典:あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛髪用語集

ニコチン
主にタバコに含まれる成分。精神を安定させる作用もあるが、血管を収縮させるため、摂取し過ぎると毛根酸素栄養分が行き渡らず、育毛の妨げとなる。

出典:抜け毛・薄毛対策サイト「ふさふさネット」
copyright(C) 抜け毛・薄毛対策サイト「ふさふさネット」 All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ニコチン【nicotine】
タバコNicotiana tabacumに含まれるアルカロイドで,C10H14N2,分子量162.23。タバコ葉中ではリンゴ酸塩またはクエン酸塩として存在し,乾燥含量は1~8%。光学異性体を有し,天然品はD型。タバコ以外にも数種の植物でその含有が知られている。なお,タバコの学名およびニコチンという言葉は,フランスへタバコを初めてもたらしたとされるJ.ニコの名にちなむ。
[薬理作用]
 自律神経節への作用ははじめ興奮的,つづいて抑制的に作用する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ニコチン【nicotine】
タバコの葉に含まれるアルカロイドの一種。無色の油状液体。化学式 C10H14N2 中枢神経・末梢神経を興奮させ、血管を収縮させて血圧を高める。有毒。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ニコチン
にこちん
nicotine
ピリミジンアルカロイドの一つで、1809年にタバコの煙より初めて単離され、ポルトガル大使で、喫煙の風習をフランスに導入し流行させたニコJean Nicot(1530?―1600)にちなんで命名された。純粋なニコチンは無色・無臭・揮発性の油状液体で、水、アルコール、エーテルなどによく溶ける。沸点247℃。空気中では速やかに褐変する。この場合のタバコ臭は分解生成物による。
 ニコチンはナス科のタバコの葉にリンゴ酸塩もしくはクエン酸塩として2~8%程度含まれているが、これは根で合成されたものが道管液とともに運ばれてきて葉に蓄積したものである。また、キク科のタカサブロウやトクサ科のスギナなどの植物にも含まれている。ニコチンは、タバコの葉の粉末から水で抽出し、アルカリを加えて塩基を遊離させ、水蒸気蒸留して得られる。猛烈な神経毒で、交感神経および副交感神経の神経節を刺激し、のちに麻痺(まひ)させる。その作用はシアン化物と同じくらい速く、成人の経口致死量は0.06グラムで、これは1本の葉巻タバコに含まれる量にほぼ相当するが、喫煙による摂取量ははるかに少ない。喫煙の習慣はほとんど精神的な欲求によるもので嗜癖(しへき)はみられない。ただし慢性中毒になると、咽頭(いんとう)や喉頭(こうとう)などのカタルをはじめ、心臓障害、視力減弱、めまい、動脈硬化などの症状がみられる。一方ニコチンは、ビタミンB1の合成原料として使われるほか、その硫酸塩は農業用殺虫剤として温室をいぶして駆虫するのに用いられる。[上原亮太・馬渕一誠]
『米国保健省編、小田清一訳・著『アメリカ禁煙事情――米国式禁煙法とその評価』(1990・社会保険出版社) ▽広島県医師会著『タバコやめますか 人間やめますか――これだけあるタバコの百害』(1992・ごま書房) ▽死に至る薬と毒の怖さを考える会編『図解中毒マニュアル――麻薬からサリン、ニコチンまで』(1995・同文書院) ▽ジョーダン・グッドマン著、和田光弘ほか訳『タバコの世界史』(1996・平凡社) ▽沢田康文著『しのびよる身近な毒――O157、サリンからダイオキシン‥‥環境ホルモンまで』(1998・羊土社) ▽日本禁煙推進医師歯科医師連盟編『ニコチン中毒ところかまわず』(2000・葉文館出版) ▽宮里勝政著『タバコはなぜやめられないか』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ニコチン
〘名〙 (nicotine Nikotin) タバコの葉に含まれるアルカロイドの一つ。化学式 C10H14N4 無色または淡黄色の油状液体。タバコの葉にアルカリを加え水蒸気蒸留してつくる。光や空気で容易に酸化され褐色に変色する。吸湿性が強く水には無制限に溶ける。有毒。硫酸・酒石酸の塩として農薬用殺虫剤に用いられる。
※官報‐明治一八年(1885)七月二〇日「『ニコチーン』の如き麻酔性猛毒物」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ニコチン
ニコチン
nicotine

(S)-3-(1-methylpyrrolidin-2-yl)pyridine.C10H14N2(162.24).ナス科タバコNicotiana tabacumリンゴ酸塩またはクエン酸塩として含有されるピリジンアルカロイドの代表.タバコ葉に石灰乳を加えて塩基を遊離させ,水蒸気蒸留して,留出液をエーテルで抽出する.また,合成のDL-ニコチンをD-酒石酸塩として分割し,天然品と同一のL-ニコチンを得ることができる.特異臭のある無色の液体.沸点247 ℃.1.0097.1.5282.-169°(水).pK1 6.16,pK2 10.96.吸湿性が強く,空気中で褐色にかわる.水,エタノールに可溶.中枢および末梢神経を興奮させ,腸および血管の収縮により血圧を上昇させる.さらに,おう吐,精神錯乱,けいれんを起こし,ヒトに対しては40 mg で死に至らしめる.気化ニコチンは毒性が強いので,硫酸ニコチンを石灰乳とまぜて殺虫用農薬や家畜用駆虫剤として用いる.LD50 50 mg/kg(ラット,経口).[CAS 54-11-5]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニコチン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ニコチンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation