@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ニコメディア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ニコメディア
Nicomedia; Nikomēdeia
小アジア,トルコ北西部の古代都市。現イズミット。前 265年ニコメデス1世によってビチュニア王国の首都となり,それまでのアスタクスをニコメディアと改名良港沃地に恵まれて栄え,壮麗な神殿宮殿が立ち並んでいた。古代ローマ時代にはディオクレチアヌス帝,コンスタンチヌス1世 (大帝) の在所となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ニコメディア【Nicomedia】
前265年ころ,ニコメデス1世Nikomēdēs Iによって造られたビテュニア王国の首都。現在のトルコ領イズミト。マルマラ海に面した良港をもち,周囲の肥沃な土地を合わせて大いに繁栄した。ローマ領となって後は属州ビテュニアの中心都市となり,豪壮な公共建築物で飾られていたが,地震による被害やゴート人による略奪を受けてもいる。ディオクレティアヌス帝による帝国の東西分割に際しては東帝国の首都ともなった。【田村

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ニコメディア
にこめでぃあ
Nicomedia

紀元前265年ごろ、ニコメデス1世Nicomedes Ⅰ(在位前279ころ~前250)によって、小アジア北西部に建設されたビティニア王国の王都。現イズミット(トルコの港湾都市)。ヘレニズム文化を取り入れたギリシア風の都市で、住民は北の都市アスタコスから入植したギリシア系市民が中心であった。周辺に肥沃(ひよく)な土地をもち、良港にも恵まれ、交通の要地に位置したため商業の中心地として大いに繁栄した。ローマ領となってからも属州の中心であったが、しばしば地震に襲われ、また紀元後256年から翌年にかけてゴート人の略奪にもあっている。しかしそのつど復興し、豪壮な建物に飾られ、ディオクレティアヌス帝治下では東西に分割された帝国の東方の首都となった。

[田村 孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニコメディア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ニコメディアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation