@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ニッケル合金【ニッケルごうきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ニッケル合金
ニッケルごうきん
nickel alloy
ニッケルは典型的な遷移金属であると同時に面心立方晶であるため,遷移元素 (クロム,モリブデン,コバルトなど) とも,b亜族の面心立方金属 (,金など) とも広範囲の組成で固溶体をつくり,耐食性耐熱性のよさから良質の構造用ステンレス鋼の製造にはクロムとともに不可欠の重要成分となっている。 (1) ニッケル-銅合金はいずれも有用な合金である (→銅ニッケル合金 ) 。 (2) 鉄-ニッケル合金は熱的,電磁気的に特色のある合金が多い。この系の合金は次のように分けられる。 (a) 磁性合金 パーマロイ系合金と磁歪合金がある (→磁性材料 ) 。 (b) 膨張率利用合金 熱膨張率が特に小さいアンバー系合金 (→不変鋼 ) と白金とほとんど等しい熱膨張率 ( 8.9×10-6/℃ ) のプラチナイト系合金が著名。プラチナイトに銅をかぶせた線をジュメット線といって導線のガラス管封入用に使う。 (c) 耐食合金・耐熱合金 古くからハステロイ系の合金が有名で,他にインコネル,イリウム,ジュリメットなどの耐食・耐熱合金があり,種類が多い。特にインコネル系に優秀な超合金が開発されている。 (3) その他 電熱線ニクロム,熱電対用に最も広く使われるアルメル・クロメルなども高ニッケル合金である。珍しいのは歯科用合金サンプラチナで,ニッケル 88%,クロム 11%に鉄,ケイ素,アルミニウム少量添加で,ほとんどクロメルに近い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ニッケル‐ごうきん〔‐ガフキン〕【ニッケル合金】
ニッケル主体とする、または多く含む合金。ニッケルは鉄や銅と容易に溶け、高強度、耐酸化性に優れた合金となる。ステンレス鋼白銅などが知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ニッケルごうきん【ニッケル合金 nickel alloy】
ニッケルを主成分とする合金で,工業用純ニッケル,ニッケル‐鉄系,ニッケル‐銅系,ニッケル‐クロム系,ニッケル‐クロム‐鉄系,ニッケル‐モリブデン系などがある。全般的に優れた耐食性,耐熱性を示し,ますます多様化し過酷となっている化学環境に耐える耐食材料,より高温での使用をめざす耐熱材料として重要である。また優れた電磁気的性質を示す合金もある。ニッケル全体の用途からいえば,ステンレス鋼への添加元素が最も多く,その他の特殊鋼への添加元素として鋼の性質改善にも使用される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ニッケル合金
にっけるごうきん
nickel alloys
ニッケルを主成分とする、あるいはニッケルを多量に含む合金。ニッケルは化学的腐食に対する有効な保護被覆材となる経済的な材料であるので、その生産量の約20%はニッケル板あるいは合せ板として純ニッケルのままで用いられる。ニッケルは鉄、銅などと容易に任意の割合で溶け合い、種々の特性をもつ合金となるので、その生産量の約50%は鉄との合金、約25%は銅との合金として用いられる。
 ニッケルはステンレス鋼の主要成分(主成分は鉄、他の主要成分はクロム)であり、ニッケル生産量の約40%はこのステンレス鋼用に消費されている。ステンレス鋼は優れた耐腐食性をもち、しかも強靭(きょうじん)なので、化学装置、食品処理装置、調理用器具などに多量に用いられている。ニッケル・クロム含有量のさらに高いものは耐熱鋼として高温部分に使用される。さらにニッケル量の多いニッケル基合金には、現在もっとも耐熱性の優れている汎用(はんよう)耐熱合金(アルミニウム、チタンなどを主要成分とし、超合金と称される)やTD‐ニッケル(酸化タリウム分散強化ニッケル合金)などがある。ニッケルは鋼の強靭性を向上させるので、合金鋼中にはニッケルを0.5~10%含むものが多い。
 ニッケルと銅の合金は耐食性に優れているので、建築材料、化学・食品処理装置、船舶・発電装置などに用いられる。代表例としてはキュプロニッケル(2.5~45%ニッケル)やモネルメタル(67%ニッケル)などがある。そのほかニッケル含有合金には、電気抵抗合金(例ニクロム=10~35%クロム、残部ニッケル)、磁石合金(例アルニコ=5~24%コバルト、3~6%銅、8~12%アルミニウム、14~32%ニッケル、残部鉄)、熱膨張制御合金(例アンバー=30~60%ニッケル、残部鉄)、熱電対(でんつい)合金(例アルメル=2.5%マンガン、2%アルミニウム、1%シリコン、残部ニッケル、クロメル=10%クロム、残部ニッケル)など種々のものがある。さらにニッケル硬貨(25~100%ニッケル、残部は銅や亜鉛など)は世界各国で広く使用されている。これよりニッケル量の少ないニッケルシルバー(洋白、洋銀=10~30%ニッケル)は銀めっき製品基材、ファスナーなど多くの日用品に用いられている。18%ニッケル、27%亜鉛、55%銅合金は耐食ばね材としてきわめて広い範囲で用いられる。[及川 洪]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニッケル合金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ニッケル合金の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation