@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ニューカッスルアポンタイン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ニューカッスルアポンタイン
Newcastle upon Tyne
イギリスイングランド北東部,タイン・ウィア地域の中心都市。周辺を含めてニューカッスルアポンタイン地区を構成する。ロンドンの北北西約 400km,北海に注ぐタイン川の最下流部北岸にある。ローマ時代に要塞が築かれたことに始まる町で,市名は 1080年ここに新しい城(ニューカッスル)が建設されたことに由来する。発展は 12世紀にスコットランドとの境界地帯を守る要衝となってからで,防壁に囲まれた町に商人が集まり,商業中心地として急速に発展。特に羊毛の取り引きが盛んで,14世紀半ばに毛織物工業も始まった。16世紀には羊毛に代わって石炭が重要となり,背後の炭田地帯からの石炭をロンドンに積み出した。18世紀末からガラス,製鉄,造船などの工業が始まり,工業都市として発展。20世紀後半には採炭や重工業は衰退したが,経済の主力をサービス業や金融業などに移し,イングランド北部の中心都市となっている。学術,文化の中心地でもあり,ニューカッスル大学をはじめとする高等教育機関や,考古学博物館,科学技術博物館などがある。ロンドンとエディンバラを結ぶ幹線鉄道が通る交通の要地で,タイン川水運や北海に通じる水路に恵まれる。地区面積 113km2。地区人口 26万9500(2004推計)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ニューカッスル‐アポンタイン(Newcastle-upon-Tyne)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ニューカッスル‐アポン‐タイン
(Newcastle upon Tyne) イギリス、イングランド北東部、北海に注ぐタイン川河口の港湾都市。ノーサンバーランド炭田をひかえ、産業革命以来、石炭の積出港、造船・製鉄などの工業都市として発展。ニューカッスル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニューカッスルアポンタイン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ニューカッスルアポンタインの関連情報

他サービスで検索

「ニューカッスルアポンタイン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation