@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ニューシネマ【にゅーしねま】

知恵蔵

ニューシネマ
正義の国"のイメージをベトナム戦争によって覆された米国の若者たちの心を映すかのように、体制に抵抗する若者たちの姿を描いた一連の映画が1960年代後半から70年代にかけて作られた。雑誌「タイム」がアーサー・ペン監督の「俺たちに明日はない」を特集した時の見出し“アメリカン・ニューシネマ"が呼称のきっかけ。米国映画界が固守してきた規範を一気に乗り越え、鮮烈なバイオレンス描写とアンモラルな表現で多様な青春像を描き出した。テレビディレクター出身やニューヨーク派の監督たちが中心で、「イージー・ライダー」のように、デニス・ホッパーやピーター・フォンダら、スターたち自らが監督・企画した作品もあった。ほかにジョージ・ロイ・ヒル監督の「明日に向って撃て!」、マイク・ニコルズ監督の「卒業」、ジョン・シュレシンジャー監督の「真夜中のカーボーイ」、サム・ペキンパー監督の「ワイルドバンチ」、ウィリアム・フリードキン監督の「フレンチ・コネクション」などが代表作。
(宮本治雄 映画ライター / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

ニュー‐シネマ(new cinema)
1970年前後アメリカに起こった、ハリウッドを離れ、ロケ中心のリアリティーを追う映画運動。「俺たちに明日はない」「イージーライダー」などがその代表作。アメリカンニューシネマ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ニュー‐シネマ
〘名〙 (New Cinema) 一九七〇年前後アメリカにおこった、ハリウッドを離れ、ロケ中心のリアリティを追う映画運動。「俺たちに明日はない」「イージーライダー」などがその代表作。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニューシネマ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ニューシネマの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation