@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ニューラナーク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ニューラナーク
New Lanark
イギリスの空想的社会主義者 R.オーウェンが,1799~1829年に人道主義の理想に基づく進歩的工場経営を行なった紡績工場の名称。オーウェンはマンチェスターで木綿紡糸工場を創設し,1794~95年コールトン撚糸会社を経営,その成功によって 1799年 D.デールからグラスゴー近郊のニューラナーク工場を買い取り,共同経営者とともに営利企業のをこえた経営管理を試みた。しかし 1829年共同経営者と内紛を起こし,その結果オーウェンはニューラナークから手を引いた。現在も工場や居住区の建物群が残っている。 2001年世界遺産の文化遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ニュー‐ラナーク(New Lanark)
スコットランド南部、グラスゴー南東約40キロメートルにある産業遺跡。19世紀初頭に社会主義者ロバート=オーエンが綿紡績工場の操業を始め、労働者の住宅や学校などの環境を整え、理想的な産業コミュニティーをつくろうとしたもの。現在は工場施設などが見学できるように整備されている。2001年、世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にゅーらなーく【ニューラナーク】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

ニューラナーク
New Lanark
イギリスのスコットランドにある地名で,1800年ロバート=オーウェンが大紡績工場を設立したことで有名
工場は2000人を擁する近代的大工場で,25年間にわたり,利潤追求を排し,近代的福祉思想にもとづいた経営が行われた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニューラナーク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ニューラナークの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation