@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ニュー・ジャーナリズム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ニュー・ジャーナリズム
new journalism
1960年代のなかばからアメリカのジャーナリズム界に起り,論議のとなった報道様式の変革をさす。一般にジャーナリズムが陥りやすいといわれる断片性,常套的手法などを避けて,人々をより納得させる表現を目標とし,記者は単なるテープ・レコーダとして存在するのではなく,取材対象と個人的なかかわりを成立させることにより,事件と生活の実感を伝達しようとする。従来のジャーナリズムにおいては速報,簡潔,客観性を目標としてきたが,そうしたものを無視してフィクション技法で主観的現実を描き,記者みずからが取材を積重ねた調査に重点をおいて,掘下げた報道を目指している。アメリカのウォーターゲート事件や日本のロッキード事件などの報道においてこの手法は有効性を発揮した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ニュー・ジャーナリズム
にゅーじゃーなりずむ
new journalism
新しい報道主義の考え方。従来のジャーナリズムが客観報道を至上命令としていたのに対し、「記者が……取材対象との間に個人的なかかわりを成立させ……小説家の目で……フィクション作家の手法で」(H・ブラウン国際基督(キリスト)教大学準教授。日本新聞協会刊『新聞研究』誌1972年8月号)、自由に思いきった表現活動をするのを特徴とする。インベスティゲイティブ・リポート(調査報道)、テーマ主義、追跡報道、告発・抗議報道などもニュー・ジャーナリズムの特徴といえる。この潮流は、1960年代を通じてアメリカで台頭し、1970年代初めに明確に位置づけられるものとなった。提唱者としてはトム・ウルフが有名であり、書き手としては『ニューヨーク・タイムズ』の内幕もの『王国と権力』(1969)を書いたゲイ・タリーズGay Talese(1932― )が代表格。この派のスタイルの特性から、N・メイラー、T・カポーティなどの作家もニュー・ジャーナリストとみなすことができる。[桂 敬一]
『G・タリーズ著、藤原恒太訳『王国と権力』(1971・早川書房) ▽栗林利彰著『ニュー・ジャーナリズム』(1978・汐文社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニュー・ジャーナリズム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ニュー・ジャーナリズムの関連情報

関連キーワード

新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争教育改革コーマン鈴木清順

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation