@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヌマエビ(沼蝦)【ヌマエビ】

世界大百科事典 第2版

ヌマエビ【ヌマエビ(沼蝦) Paratya compressa】
十脚目ヌマエビ科の甲殻類(イラスト)。淡水エビで,釣りのまき餌として利用される。本州,四国,九州,沖縄に分布し,川や池沼にすむが,本州中部以南に多い。体長3cmで,透明感のある緑褐色ないし青緑色。額角(がつかく)は頭胸甲よりわずかに短く,上縁に14~34本(頭胸甲上に0~5本),下縁に0~8本のとげがある。第1,2胸脚にはさみをもつが,両指の先端にのような毛のがあり,また,腕節の上縁が深くくぼんでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ヌマエビ(沼蝦)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヌマエビ(沼蝦)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation